②−①旅行に行ってから別れるまでー8年間付き合った同性のフィリピン人の彼氏に浮気されましたー

前話: 彼氏と彼氏の彼氏と旅行に行った時の話。ーNZに移住までしたのに8年間付き合った同性のフィリピン人の彼氏に浮気されましたー
次話: ②−②旅行に行ってから別れるまでー8年間付き合った同性のフィリピン人の彼氏に浮気されましたー

1月末、彼が僕より数日先にニュージーランドに戻った。

久しぶりに一人になる。

肩の荷が下りた、そんな気になる。

二人でいることがあんなに幸せだったのに、いまはストレスと感じているんだな、とその時思う

 彼の浮気はまだきっと継続中で、僕の気持ちはまだ折り合いがつかない。

 答えはまだ出さなくてもいい。

そう自分に決めたけど、それでも毎日吐きそうになった。

友人に旅行の写真を送ったら楽しくなさそうだね、と言われた。そうかな。そんなつもりじゃないんだけど。楽しくなさそうな人と一緒にいて楽しませられるはずないのに、何してるんだろう、なんて1人で考える。

彼は僕に気持ちがあるのかはわからないけど、彼がニュージーランドに戻る前日、家のローン(共同名義)の契約書に二人でサインをした。

 こういうので一喜一憂した。

彼の中に僕の存在があってまだやり直せるんじゃないのか、未練がましいのだけれど、そういう気持ち。子はかすがいじゃないけど、家がそんな役目を果たしてくれるんじゃないかなって。

それからの数日間、僕は1人で日本にいた。

その数日間の一人になれる時間は大きかった。

彼が飛行機に乗る前、愛されていないにも関わらず、距離を取るのが怖かった。

 彼の気持ちが自分から離れるんじゃないか、

彼があいつと楽しんでいるんじゃないか、こっちがこうやって悶々としている中、あっちは今を好きな人と楽しんでいるんじゃないか 

 ただ、実際のところ、この4日間は彼が、じゃなくて自分がどうしたいか、をすごくよく考えられる日々だった。

 すごく気持ちは楽になった。

 僕が彼のことを好きとか嫌いとかそういうことじゃなくて、頭の中が少しだけすっきりしたような。

4日間の間、大学の友人たちやTInderでマッチしていいなと思った人、二丁目のゲイバー、占い師、多くの人にあった。

その人たちと会う間に、僕はやっぱり決して幸せじゃないんだなと強く実感した。

そして、2月4日、僕もニュージーランドに帰った。

 彼との生活がまた始まった。

やり直すためか、それとも、ただのカウントダウンになるのか、当時はまだわからなかったけど。

僕らはまた、一緒に暮らし始めた。 

僕が帰ってきた初日、彼は夜、早速出かけた。

友人の家に行ってくるとだけ残して夜出かけた。

 次の日の昼の12時まで帰ってこなかった。

 数ヶ月前だったら、もやもやして苦しかったこの瞬間も、僕は何も感じなかった。

 

心が麻痺したのか。それとも、気持ちが残ってないのか。

 麻痺した体に熱湯をかけても何も感じなくても、

火傷はする。心もきっと同じだ。

無痛になる。

最後の防衛手段なのか。

ただ、いざ麻痺が解けたときに、

その傷と歩いていけるのか。反動が怖かったりした。

 

それとも、

僕自身に気持ちがないのか。

気持ちがないのは、少しやっぱり寂しくて。

 

8年愛した人への気持ちがなくなるのは、やっぱり胸が痛い。

 

浮気されても、馬鹿にされても、なんにしても、やっぱり苦しい。

 自分の気持ちがわからなかったけど、彼が帰ってこなかった夜、自分の中で、もうこれで終わりなんだな、と思えたのだ。


続きのストーリーはこちら!

②−②旅行に行ってから別れるまでー8年間付き合った同性のフィリピン人の彼氏に浮気されましたー

著者の池田 直輝さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。