世界最高のリベンジNo34 最終章

前話: 世界最高のリベンジNo33ダブル不倫の悲劇

一方的な説教は約3時間続いた。

私は、今までの恨みの全てを 今とばかりにラゴンにぶつけた。

気がつけば照り付けていた太陽も、西の空へ遠のいて行った。

それでも、倫子から私への謝罪の言葉は一度も無く、

反省する様子すら感じられなかった。

でも、ラゴンと倫子はお互いの化けの皮を剥がされて、

    取り繕った外ズラと全く違う実態を知り

          驚きが隠せなかったと思う。


私も倫子の本性を聞いて、世界で最低のパートナーと思ったが、

アベンは私以上に、ラゴンが宇宙最悪のパートナーと思ったようだ。

   アベンがラゴンに吐き捨てるように言った。

 「お前ー!  今後もしお前の家族や嫁さんを

   大事にせんかったら俺が絶対に許さんからな!
 
          
 分かったかー!!!」
 
  「俺に関係なくても、

      カレンさんから連絡もろたら

        絶対にボコボコにしに行くからな!」

 
     よう覚えとけ!」   


アベンは、私が言った信じられない内容を聞いて、

    (ラゴンが私に今までしてきた悪事)

        本気で腹が立ったんだと思う。


「コイツ!浮気どころか、今まで

    どれだけ酷い旦那だったんだ!!」と、

   自分のことより私に同情してくれたんだろう。


    ・・私は本当にその言葉に救われた。

ラゴンは蚊の鳴くような声で 

       「・・・はい・・・」

               と 答えた。

    その瞬間、私は心の中で

      

      よおっっっし!!!!)と

         ガッツポーズをした。

     

     ​こうやって・・・

私の世界最高のリベンジは、アベンのお蔭で想像以上に大成功した。

私一人では、とうていここまでのビッグリベンジは出来なかったと思う。

世の中には真面目に人生を生きて、真面目に子育てをして居る素晴らしいパートナーを平気で裏切って不倫をする人が一杯いるけれど、

  私みたいな気の弱い人間でも、最高のリベンジをして

    不倫三昧の旦那を ギャフン と言わせて

   チョースッキリした人間が居る事を知って欲しい!

     

    その後、どうなったかは・・ご想像にお任せします。


           最後に・・・

~私のストーリーを読んで頂いた方、本当にありがとうございました~ 

             KAREN









  

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。