生まれてから小学校入るまでの話

1 / 2 ページ

昨日書いたSTORYに僅かながらでも見てくれた人がいたようで、なんかすみません
ありがとうございます

今もすぐそばにいるのに一言もしゃべらない妻のいるところで書こうかと思います
こんなときにiPhoneから書けるのは便利ですね
画面覗き込まれなくてすむから

でも問い合わせたら今現在iphoneアプリもなければSafariからstory.jpのトップページ行くと中途半端なスマホ用にレンダリングされて投稿できるページに飛べないの
でもでも見つけちゃった
スマホ用にレンダリングされないページ
ここからならPC用のページなので投稿できちゃう
storys.jpの開発チームさん鋭意制作中だそうですが、この穴塞がずに開発頑張ってください

いらん前置きはここまでにしておいて

俺の記憶の位置で一番古いものってなんだろう
家族構成から行こうか
父、母、兄、姉、俺、の5人家族
古い記憶の中にどうやら犬もいたようだけど(写真もあったし)
いたよなあ、でもいつの間にかいなかった
あの犬とも仲良くしたかったなあ、とふと思ったことも数回
それっきりうちではペット飼ってない

兄とは8才差、姉とは4才差
兄と遊んでもらった記憶はあるようなないような
姉とは歳がまだ近いこともあってか遊んだな
遊んだっていっても姉が親の金くすねて食べ物おごってくれたり、おもちゃ屋で万引きしたりもしてたかなあ
でも姉が小学校あがったら俺はひとりで

その頃うち母親が趣味で手芸屋やってて、お弟子さんなのかな?お手伝いさんなのかな、若いお姉さんが家にいたから、なんか好きって思ってたと思う
店は暇だったとは思うけどその人は暇つぶしに来てたわけじゃないだろうから、相手はしてもらってただろうけど遊んでもらってたのかな?
あんま覚えてないや

近所に一人だけ友達がいたな
時計屋のあきおくん
いつ知り合ったんだろう

なんか小さい時に英会話教室連れて行かれたことがある
自分の周りのことなーんも分からないくらい小さい頃だぜ?
訳わからない言葉で知らない人から話しかけられてみろ
俺わんわん泣いてその日に辞めたよ

そこに居たのかな?あきおくん

兄姉は学校、家に来てたお姉さんと母は店
暇なのは俺だけ
あ、父親書くの忘れてた、会社員だったから会社ね

で暇な俺はなにしてたかは覚えてないが家の中で一人遊びしてた閉じこもり少年
そんなんじゃいけないと思ったんだろうな母親は「あきおくんとこへ遊びに行ってき」って
でも嫌なわけさ
家に閉じこもってそれなりに一人で遊ぶ楽しさを無理矢理作ってきた俺だぜ?
その殻を破って人に会いに行くなんて
あきおくんはいいんだよ
あきおくんに会うためにはあきおくんちである時計屋さんのドアをガラッと開けて暗い店内の隅っこで薄暗い灯りをつけてなんか作業してるあきおくんのお父さんに挨拶しないといけないんだ
いや、恐怖だよ
今にして思ってもその頃の俺にしても、あきおくんのお父さんは怖い人ではなかった
ただ内向的な俺が人に話しかけるという行動そのものが恐怖だった

あきおくん時々うちに遊びに来てくれてたんだ
だからすごくいい人

あきおくんが来てくれたらあきおくんちに遊びに行くのもヘッチャラ
あきおくんすげえんだぜ
うちからあきおくんちまで最短直線コースで行くために人んちの庭通って塀よじ登ってあきおくんちの裏から入るんだ

うちもそうだけどあきおくんちも金持ちじゃない
でもあきおくんちにはうちにはないものがたくさんあった

モノポリーやったなあ、全然意味分かんなかったけど
カセットビジョンあった、知らないかな?昔のテレビゲーム、与作やりまくったな
あきおくんの部屋には大量の貝殻、高知の桂浜にシェルパレスってのがあってそこで大量に買い付けるんだってさ
いろいろ説明してくれるのよ貝殻
俺ね、まったく興味ないの
でも僕の唯一の友達あきおくんが好きな物だから「へー、すごいねー」って
よく遊んだよー、貝殻で

あと切手の交換もやった
切手は俺の時代じゃなくて兄貴が集めてたのを譲り受けたもの
あきおくんもお兄さんがいたから出処はそこかな
価値なんかなあーんも分かんねえから「これダブってるから交換しよっ」ってなんのためらいもなく繋がってた切手を切り取り線で切って交換してた
あとから兄貴に落胆されてたけどね

そうだ思い出した
あきおくんとは保育園が一緒だった
でも俺、保育園嫌いだったんだよな
理由はよく分からないけど行きたくなかった
だから別の幼稚園に変えてもらったんだ
保育園ではあきおくん以外に友達はできなかった

幼稚園に変わって極めて薄ーい感じの、幼稚園の中だけの友達は数人できたっけ
あと初めて女の子の友達ができてその子の家には遊びに行ってた
まあまあ遊んでたんじゃないかな、たぶんお人形さん遊びとかおままごととか
あんなクソ面白くもない遊び、よくやってたものだ
とはいえ、家に引きこもって一人遊びしてた俺からしたらお人形さんもおままごとも直ぐに受け入れられたんだろうな
いや、あれはあれで楽しかったんじゃねえの?

あるとき事件があったのさ
俺、宝物もってたの
家の中から何故かキョロちゃんのチョコボールの金のラベルが出てきたの
(俺が買ってもらったチョコボールだったかな?知らね)
俺うれしくて母親に「封筒ない?」って聞いて、母親もたぶんめんどくさかったんだろうな、そこら辺にあった封筒を俺に渡したの
俺、封筒はポストに入れたら届くんだ、ていう知識はあったから速攻で投函して楽しみに待ってたんだ
翌日母親から封筒帰ってきた、て言われた

ポストに投函するのは知ってたけど、宛先書かなきゃいけないことを知らなかった
母からもらった封筒はうちに来た手紙の中を取り出したもの
だからうちの住所と消印が押されてたものだったようだ
この間違えたことに俺はえんえん泣きながら、家に来てたお手伝いのお姉さんに新しい封筒に住所書いてもらったんだ

そうしてやっとの思いで手に入れたおもちゃ缶
嬉しくって嬉しくって女の子の家に持って行ったんだ
そのとき女の子の家に見知らぬ男の子がいた
女の子のいとこだか何だか
いとこであろうと何であろうと俺にとってはライバルだ
変な空気を感じつつも俺は彼女と彼の3人で遊ぶことにした
クソ面白くもないおままごととかしたのかな

どのタイミングだったか覚えてないけど俺はとっておきの宝物をお披露目した
当然俺は英雄さ

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の中嶋 晃宏さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。