第5章 節電虫(益虫)の両親 5.1 母親はNTT廃棄物

前話: 節電虫の誕生  4.5.3 発電と節電 節電虫ができること、「ちりも積もれば山となる」
次話: 第5章 節電虫(益虫)の両親 5.1.1 電子化の功罪、アナログ機器、産業廃棄物

さて、今まで述べてきました節電虫(益虫)ですが、インターネットのホームページには擬人的に節電虫(益虫)を以下のようにかつて紹介していました。

①分  類   機械虫属 電器科 益虫

②本  籍   広島県尾道市

③現 住 所   日本各地の事業所及び家庭

誕 生 日   1994年6月29日

年  齢   11歳 (2005年時点)26歳(2020年時点)

⑥両  親   釜本 二 & NTT廃棄物

⑦学  歴   就学前

⑧性  質   極めて従順、節電性極めて大

⑨特  技   節電、遠隔操作 

⑩学業成績   優秀(予定)

⑪身元保証   ケイ・イー・シー(現、釜本事務所)、省エネルギーセンター

 

5.1 母親はNTT廃棄物

前述のように、節電虫(益虫)の母体はNTTにありました廃棄処分予定の外付用電話ベルでした。この廃棄処分される運命にあった電話ベルが奇跡的(?)にも世のため、人のためになる節電装置に生まれかわったのです。

写真データ、写真資料は以下のサイトを参照下さい。

https://www.facebook.com/ElectricitySavingNo.1

続きのストーリーはこちら!

第5章 節電虫(益虫)の両親 5.1.1 電子化の功罪、アナログ機器、産業廃棄物

著者のKarl Kamamotoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。