乳癌、かもしれない?健康診断は毎年受けよう。マンモグラフィー、超音波、健康診断で要精密検査になった話。

次話: 健康診断毎年受けよう。乳がんは、早期発見大事。右胸に小さな嚢胞。嚢胞は良性だけど大きくなるなら要注意の話。

  長男、小学校登校拒否、主人、鬱気味、そしてここにきて、私が、乳癌、かもしれないの・・・



 そんなこと、ある?
 何ともない可能性も、ある??
  健康診断のとき、胸だけなんか何枚も写真とってて、一応確認のためです、大丈夫ですって、やっぱりひっかかったじゃない!!!大丈夫じゃなかったじゃないか!!!


 私、なにかした?!

 真面目に生きてきた。
  ワガママって、何よ。
  小学校のとき、友達たくさん欲しかった。だけど文章を書くと、好きなことすると目立って、賞とって、妬まれて、嫌われて、友達出来なく・・・て。
  もっと上手く立ち回ればいいのに、文章書けても上手く言葉にして言えなかった。
  話せなかった。

  緊張して、言えないよ。
  大好きな友達に、嫌われたくないって気持ちばかり勝ってさ。言えなかった。

  自分が好かれる自信がなかったのは、親が機能不全で、親から無償の愛、護られてるって感じを実感しなくて、だから親からも愛されないから誰かから愛されるって信じられなくて。

  友達を自信もってつくってこれなかった。
 それでもさ、やっとさ
39歳になってさ、もうオバサンや。
 オバサン。でもさ、声でさ、脚本でさ、やっと。

 やっと・・・友達が、spoonで出来たのに。大好きな声が見つかったのに。やっと脚本で、必要とされるようになったのに。

  私、死んじゃうかもしれないの・・・

 要精密検査してなんともないこともあるの?良性とか、悪性とか。

 胸が、無くなるかもしれないの?


 どうして・・・なの、よ。

 そんなに私、が、欲しいものってさ、みんなが普通に持ってるもので。


 みんなと同じように
 したい、だけ。なのに。


  生きたいね。
 もう40歳だから、いつ死んでもいいって思ってきたけど、子どもが成人式するまで生きたい。泣いちゃうよね、子どもも。

  2歳半と6歳だよ
  小林麻央ちゃんじゃあるまいし、でも、小林麻央ちゃんは、私より若くして、子どもを残して、天使になったんだよね。

   麻央ちゃん、大好きで、Amebaみながら、毎日泣いてた。あのとき私は悪阻で、しんどかったけど、癌の抗がん剤だって吐き気凄かったよね。

 なんともないと、いいよね。
 大袈裟だって、主人が言ってた。
『なんともないかもしれないだろ?
 悪性だったら、悪性になったとき考えればいいだろ?』

 淡々と無表情で。
まあ鬱気味だから、仕方ないけどロボットみたいな言い方しないでよ。

  トドメをおまえが刺すなよ!!


 
 胸が無くてもいい。
 生きたい。
 あわよくば間違いで
あって欲しい。なんとも無かったよ、と次の記事を書きたい。

続きのストーリーはこちら!

健康診断毎年受けよう。乳がんは、早期発見大事。右胸に小さな嚢胞。嚢胞は良性だけど大きくなるなら要注意の話。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。