健康診断毎年受けよう。乳がんは、早期発見大事。右胸に小さな嚢胞。嚢胞は良性だけど大きくなるなら要注意の話。

前話: 乳癌、かもしれない?健康診断は毎年受けよう。マンモグラフィー、超音波、健康診断で要精密検査になった話。

 結局、右胸に小さな嚢胞があり、良性でした。



 死ななくていいけど
大きくなるようなら、また考えましょうとのことで、悪性になることも、ある?

 人間って歳を重ねているから、どうしても健康を維持していかないと、実年齢に侵される。

 健康って、お金だけじゃどうにもならなくて、努力も必要なんだなって今回身に染みた。

 死ぬことも、覚悟した。
 小さな嚢胞や腫瘍でも  生検したら悪性の癌でしたってことも、あることを友人がなってしってるからだ。


生きていることに、感謝する。

 生きてると、辛いことがある。
誰かに嫌われることがある。

 大好きな人から嫌われることが、ある。
  それでも、仕方ない。相手にも好き嫌いがあるし、相手にも選ぶ権利がある。だから、どうにもならない。

 選ばれないときは、ストーカーにならないように、去るしか、ない。それが最後の私の愛情表現だと思う。

 去ろうがなにしようが
相手は嫌になったら
 『気持ち悪い』って思うかもね。

好きでもない人からの好意は、人によるけど『気持ち悪い』と私も思う。

 ファンとか、私の作品や文章が好きですって言われるのは嬉しいし、基本的に好意を持たれたことが嬉しい。

 けどたとえば生理的に受け付けない人からの、『好意』は、好意すら受け付けないよね。それこそ、言葉が悪いけど気持ち悪いと思うかもしれない。

  私は乳がんとか、なにか病気で死ぬにしても、自分は、いいの。もうだいぶやりたいこともやって、今後もなにかこれがしたい!っていうのは、あるけど絶対やらなきゃダメってほどじゃない。

 ただ
『子どもが成人したり、結婚するまで生きたい』と思う。

 私を大好きになってくれて、私の心配をしてくれて、ずっとずっとママ大好きって愛をくれる。

 この子たちを、見守りたい。
 護りたい。

 それだけで、いま、私は生きてる。

小学校6年生のときに
 クラスの女王様タイプワガママMちゃんSちゃんが毎回毎回掃除の時 ほうきしかしなくて。

『私もほうきやりたい』って言ったらさー。半年間フルシカトされたよね。

 それもクラスの男女みんなに。
  お弁当の日があると私は1人で図書館で食べたし、休み時間は図書館かトイレに逃げたね。
 いるとボールを男子がぶつけてくる、女子には嘲笑われる。

 上履き捨てられる。
 移動教室、行こうとすると邪魔される。

 で、私は寝れなくなって
 首吊って死のうとしたんですよ。12歳くらいかな。

 あのとき、
 夜中に家を忍びでて、秋かな。なんか肌寒い日で田舎だから、空気が氷のように張り詰めてて、車の走行音もしなくて。

 田んぼからの虫の音。

 物置部屋のまえの面格子に
 ロープつけて、首をつろうとしたら
  『満月』が見えた。




 あまりに、美しくて

 私は死にたいのか?!って何度も聞いた。自分の心に。

 死にたくない。
 そもそもおかしいだろ、ほうきやろうとして虐められるとか!!

 それで私は死ぬのを辞めた。

 『死ぬ気で、本気で、やろう。本気で生きてやる!!』

次の日
体育のペアを組むとき相変わらず私は余って、先生が俺とやるか?と聞いてくる。こいつも担任なのに気づいているのに助けない。
『だれか、私と組んでください。お願いします。』
なんとか叫んだ。
いい。まずは、声をあげろ!泣き寝入りするな。嫌だ!と叫ぶんだ!って。



 『まって!ことねが悪いわけじゃないよね?!これ、もう辞めようよ!』



 『私もMちゃんたち怖くて、無視してきたけど、ことねちゃんのこと嫌いじゃない。ごめんなさい。』


 そう、その日から
立場が逆転して
 いじめっ子2人が孤立した。



 恐怖で支配しても、続かない。
 最初はみんな怖くて従うかもしれないけど、そんなものは、続かない。北風と太陽。

 いじめっ子が北風なら
 私は進んで太陽になって
 みんなを照らして助ける。

 そう、あのとき
12歳で自殺して死のうとしたんだから、1度死んだと思って
 もう40歳になる。
 ここまで生きてこれた。まだ生きられるなら生きたい。でもいつ死ぬとしても、悔いなく生きてきた、と信じる。

 誰かを傷つけるかもしれない。
 全員傷つけずにってそれこそ偽善で、かなり難しい。

 自分の選択を信じるしかない。その選択肢で良かったと、思えるように、生きていくしかない。

 胸の良性嚢胞と共存して
 長生きする。

 来年も健康診断を受ける。
 コロナの渦も生き延びよう。
  みんな!NEXT stageへ  
 行こう。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。