SpoonゆっきーのシチュエーションCASTできゅん!してもっと愛せよ、恋せよ!女性はときめくことで綺麗でい続けられる。疑似恋愛の話。

前話: 冬きゅん、夏きゅん、冬fes、夏fesそしてリアきゅんな話。
次話: 男女の友情は、お互いタイプじゃないことが前提。タイプ、異性と意識した瞬間に友情は壊れるので、恋愛に絶対ないと思えない限り、男女の友情は成り立たない話。既婚者になると大切なのは【同性の友達】

 Spoonには、YouTube広告に声で出演もしているゆっきー!というイケボさんがいます。


 広告を聴くと、花より男子の花沢類のような、低くて甘い声で囁くようなセリフを吐くのですが、
  配信している枠にいくと、底抜けに明るくて、花より男子比喩すると、西門総二郎なんだよね。

  チャラ男?!と思いかねない下ネタトークもするし、片っ端から女性は口説くのが礼儀だと思っていそうなことするし、太陽のように明るくて、暗い配信も愚痴配信もしているのを聴いたことがない。

  あとは赤裸々に、過去も話す。自分の恋バナもする。まっすぐなのだ。嘘が嫌いなのか、もちろん話したら不味いことやリスナーが傷つくことは話さないし、控えたりしていて、フェミニストなのだ。

 そのゆっきーのシチュエーションCASTは
 雨の日、好きな女の子とたまたま雨宿りしているところが被るシーンから始まる。

 彼は嬉しくて、一緒に傘に入ろうってその場で話しているのに、女の子はまるで聴いていない雰囲気。そう、誰かをみていて気づかない。自分に。その視点の先を追う、と。いるのだ、そこにも見知った男性が。

  ああ、この子は、この男が好きなんだと瞬時に悟る。でもそれをぐっと感情を抑えて声を出す。
  【この傘やるからあいつと行けよ】的な。

 そのセリフがイヤホンから耳に流れた時に、電流が走った。どんな想いでそれを言っているのか、私にはわかる。私も片想いばかりしてきて、大好きな人に好きな人がいることが多くて。好きな人と両思いになる経験が少なかった。全くなかったわけじゃないけど、片想いが多かった。

  だから、わかる。

  どんな張り裂けそうな想いで、そのセリフを口にしたのか、わかるから胸がしめつけられて、涙がこみあげた。思い出したのだ、私の過去の片想いの感情を。

  ゆっきーの演技力に、感動した。

そしてその彼は言うのだ。

【損な役回りだな】って。


 うん。わかる。わかる。私もね、邪魔してやろうかなとか、私が奪えばいいかなとか。思うのよ。でも無理なの。

 好きだから、大好きだからさ、大好きな人が誰を1番に好きで、誰を想っていて、わかりすぎてて、私じゃダメなんだって、わかるから、私も潔く身を引いてきた。

 だから、それを数分のCASTの中で、声だけで表現していた。雨のSEも音量も降っている雨の量もいい。


 Spoonの声のCASTの作品を聴いていて思うのは、編集だったり、演技力だったり声質だったり、
【声の作品】なのだ。それの好き嫌いは、あるだろう。刺さる刺さらないもあるし、企画なら運営さんや審査員の【好み】で選ばれる選ばれないもあるだろう。

 だが、それを公開して沢山の人へ作品を出すことは、いい。声フェチからしたらありがとうございますだ。

 【感情を感じ切ることによって昇華される過去のトラウマがある】ことを知りました。ありがとう。

 とてもスッキリした。
 CASTを聴いて。

 みなさま、Spoonにきたら
 【ゆっきー♂】検索です!

続きのストーリーはこちら!

男女の友情は、お互いタイプじゃないことが前提。タイプ、異性と意識した瞬間に友情は壊れるので、恋愛に絶対ないと思えない限り、男女の友情は成り立たない話。既婚者になると大切なのは【同性の友達】

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。