なぜ1位や賞にこだわるか、それは信憑性のため、私の言葉を信頼させる為。無名の言葉は届かないことを思い知らさせてきている。だからこそ、賞をとって逆を行く話

前話: 石材業、ラーメン屋、ジェラードアイスクリーム屋を家業とするも東北大震災で全部ダメになる。

  私がずっと文章で最優秀賞にこだわり続け、出版社賞を目指すのか。


 それは【信憑性】
 【読者】に【信じてもらうため】

 悲しいことに、【無名の書き手の言葉】がどんなに素晴らしくても、たとえば媒体がTwitterなら、いいね🤎!Storys,jpもいいね★を爆発させるだけの、バズらせてトレンド入りさせるくらいの、ヒットをさせられるならいい。
 Spoonならくだるくんのように、企画してヒットさせ、Twitterでハッシュタグを沢山ツイートさせる。


  そういうことが出来ないと、
 【無名】の言葉は埋もれる。

 私は、誰かを助けようとしたときに、
【自分の文章力に賭ける】ことにした。

 私が勝負をしかけるなら、これしかないからだ。

 誰でもそう
【得意分野で勝負を仕掛けろ】
 有名になるには、シンプルにそれしかない。
  芸能界は【ナンバーワンの集まり】といっても過言じゃない。

 どのアプリでもサイトでも
 Spoon、ミラティブ、布教、standFM、ミクチャ、ポコチャ、イチナナ、ツイキャス、ニコ生、YouTube。
 そしてお笑い界、芸能界。

 【ナンバーワン】になれ。

【またはなにかの賞に入れ】

まず、【名前を知ってもらえ】

そこから【仕事が舞い込んでくる】

 地道にファンを増やしていくことも出来るけど、余程【好き】じゃないとインディーズからデビューするバンドマンがいないように。


 漫画もめちゃくちゃ売れまくった同人誌サークルじゃないと【商業誌】にならない。

 【趣味でやってます】それならいい。
  【プロを目指す】なら
  売り方としては
 【名前を認知させていけ】

 私も【認知】されることから、仕事に繋がるように、また企画に繋がるように、動く。

  常に先を読んで動け。
 【好きなことで食べていく】唯一の方法は【明日のこと、3ヶ月先のこと、1年後のことを予測してそこに結果を出すように逆算して動く】のみ。

 それ以外にない。
  だから、私は
【3ヶ月先、1年後】を見据えて、人に声をかける。文章を送る。【予言】のようになるけど、【予言じゃない】

 貴方は私の文章を目で視覚でとらえて脳にインストールしていく。
 私の文章を読んだ瞬間から
 無意識で行動していく。   

 素直であればあるほど【効果】はすぐにでる。

 【館花 琴音】は、
【文章のマジシャン】怪盗キッドのように、お披露目してしんぜよう。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。