本当の戦いはこれからだ

コロナで運動を始めた人は多い。

コロナで食事を徹底した人も多いだろう。


でも本当の戦いはこれからだ。


今できてる習慣は、

コロナのおかげだと思った方がいい。

社会から距離を強制的におかせてもらったことで

習慣を邪魔する”誘惑”が減ったからだ。


外食の機会が減った。

酒を飲む機会が減った。

出勤日数が減った。

労働時間が短くなった。


など、自分でコントロールできる時間が増えた。

そのおかげで新しく習慣を作れた人が多い。


でも本当の戦いはこれからだ。


また外へ出る生活が2021年に、

少しずつ、ほんの少しずつだが始まって行く。

その時に誘惑に負けず今の習慣を保つことができるか。


酒の誘いを断れるか

出勤で疲れても運動ができるか

外食に行っても食事制限を続けられるか


こないだ読んだ本にこんな記述があった

「ビル・クリントンの脳は、自由主義世界のリーダーとしての将来を危険にさらしても、いまこの瞬間に魅力的なモニカと過ごす機会をもつことの喜びが、その埋め合わせになると決断した。したがって、私たちが有徳な人について話すとき、必ずしも惑わされない人のことを言っているのではなく、むしろその誘惑に抵抗できる人を指している。争いを刹那的満足の側に傾かせない人のことなのだ。私たちがそういう人を高く評価するのは、衝動に屈服するのは楽で、衝動を無視するのはことのほか難しいからである」
ーあなたの知らない脳ー デイビッド・イーグルマン


本当にすごい人は、

誘惑がない世界で自分を律してる人ではなく、

誘惑だらけの世界で自分を律することができる人、

だということだろう。


確かに一切モテない男が一途に浮気をしないのと。
モテまくる男が一途に浮気をしないのとは難易度が違う。

金ない時に痩せるのと、
金ある時にでも痩せるのとは難易度が違う。

コロナ中に自分の習慣を作れてる人と、
コロナ後でも自分の習慣を保てる人とはレベルが違う。


さて、戦いに備えよう。


僕は今日、

昨日の反省を活かし、

今日は9PMに起き2度寝の誘惑を

なんとか退けました。


習慣との壮絶な戦いは続く。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。