幸せになることを諦めていた俺が30歳になって大切な人を見つけようと思えるようになった話②

前話: 幸せになることを諦めていた俺が30歳になって大切な人を見つけようと思えるようになった話①

15年間、ずっと自分を恨んで、憎んで、呪って、どこか殺してやろうと思って生きてきた。



-躁鬱再発、自分への殺意-



16年前、俺が14歳の時に母親が躁鬱病を再発しました。


母と同じ面をした別の何かがいる。


普段穏やかでどちらかという大人しすぎるくらいなのに、


異常にハイテンションで、


早朝から連絡なしで親戚の家に行ってしまったり、


犬の鎖を外してしまったり、


四六時中電話かけっぱなしで電話代の請求がやばくなったり、、


見た目は同じなのに別の何かで、


いつもの家に異物がいるようで、


とにかく家族全員が落ち着かなかった。


泣き叫ぶ俺と妹の姿を見て母に怒鳴る父。


あんなに父親のことを罵倒する母も、


犬が死んだ時にしか見たことがなかった父の涙も、


祖母の涙も病気が再発してから初めて見ました。


再発してからは、

家だと手がつけられないので、


遊びに行くふりをして無理矢理精神病棟に入院させる。


そんな期間が3〜4年ありました。


前までは幸せで穏やかな家庭だったのに、

妹は髪の毛が抜けてイジメられ、


掃除をしなくなるので、

手入れされてた庭の花もどんどん枯れ、


重い家庭の空気にどんどんなっていきました。


入退院を繰り返さなくて済むようになってからも、


家族の中には当時のトラウマが感覚に刻まれてるので、


母の状態が不安定になる度に家族心中穏やかではなくなる。


俺の家族は、たぶん俺含め全員我慢しがちなので、


自分がいっぱいいっぱいになった時に俺に連絡がくる。


俺もそのことを察してました。


また入院騒ぎにならないか、

心配したり泣いたりしないか。

 

家族の誰の間にも割って入れて、

仲を保てるのが俺しかいないから、

俺が毅然とケロッと振舞えてないと、

家族が総倒れになってしまう気がするから、

俺が動揺してる様は、

家族ごとだから家族にしか共有できないものだけど、

家族にこそ見せれないものでした。



だから、

少し1人で泣いてから、

「大丈夫でしょ」

と俺はまったく平気であるかのように装って家族と電話する。


 

一番症状が激しかった、

中学、高校の時のあの1人でもがいた受験の期間さえ乗り切れば、

脱出できるものだと思っていたのに、

大学に入ってからも、社会人になってからも、

 

母に最初の兆候が見え隠れするたびに、

一生拭えない影が自分に纏わり付いてるのを感じる。


そんな期間が約15年続きました。

一生続くんだろうなと思った。

長いというより永かった。



「もし15年前に母の脳を一部壊して逃げ去ったやつがいたとして、


 そいつのせいで家族が涙を流すことになったなら、


 必ず見つけ出してどんな手段を使ってでもぶち殺す。」



、、、でも、犯人は俺でした。


俺が中学に行かなくなったのを機に再発した。


俺も妹も母が躁鬱持ちだという事実を知りませんでした。


元々俺が生まれる前から発症していたから、

直接の原因は俺ではない、、ということは頭では分かっていた、、

ような気がします。


でもどうやら、

感情はそうは言ってくれて

なかったっぽい。



「てめえは必ず殺す。ただし自分が撒いた種を回収するまで死ぬな。

 一生かけても治せるかどうか分からねえけどな。

 犯人なんだから苦しみ続けろ。

 そして幸せにならず独りのまま死ね。」


そんな感情が言葉にならないまま15歳の頃からずっと渦巻いていたということを、

20代後半になってからようやく気づきました。


他にさまざまな理由はあるけど、

だから恋愛にあれだけ抵抗を示してたんだと。楽しめなかったんだと。

理解することがようやくできました。


「もしそんな状態に俺の家族を陥れた犯人が、

恋人をつくって幸せそうに過ごしてたら、ふざけんなと猛烈に殺意が湧く。」



「だけど犯人は俺という意識がある」



「だから、自分が恋愛をしようとすると

 異常に殺意が湧く。」


この流れが起きてたことを

理解するのに、

かなりの月日を要しました。


この怒りを、


やり切れなさを、


こじつけてでも、


自分にぶつけることでしか、


俺は前に進むことができませんでした。


→続く

著者の翔真 荻野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。