君の知らない物語。2chに実名で書かれ、書いた人しか知らないことを話す高校の同級生(女)が犯人。犯人は灯台もと暗し。敵は敵のような雰囲気でいない話

前話: ビリヤードの角度で跳ね返ってくる話。
次話: 本当に大好きな人には失恋してきた話

 2chに卒業アルバムの住所録と実名を嫉妬で書き込んだ女がいる。

 私が21歳のときの話。

 私が【某エッセイの全国出版】なんぞしたせいで
 全国模試ほぼ1位の才女の逆鱗に触れる。私が1番よ、の女のプライドを折ってはいけない。男もしかり。
  徹底的に叩きのめしにくる。
 だがな?!
 【嫉妬して何してもいいわけじゃないんだよ】
 相手を傷つけておいて
 【嫉妬でついウッカリ】じゃ済まされない。

 全国出版といえど、知名度の低いエッセイコンテストで公募ガイド。

 だけど文芸部の同級生には、嫉妬された。充分に。
 私の実家の電話は鳴りっぱなし。
なんで2chに書くんだよ!どうなるか想像しろよ!卑怯すぎる。私なら嫉妬しても絶対書かない。器がちっせえわ!

 母親はノイローゼに。

 私の大切な家族を傷つけにきた。
 私の大切な家族や友人、神推し、推し、読者、リスナーを
傷つけにくるやつが、私は怒り心頭すぎて、フィットボクシングでアッパーしたくなるレベル。

 直接私に喧嘩を売ればいいのに
私の大切な人にやる。
  悪意、しかない。

 私はそれで気まずくなって大切な人を失う。

 私がどうすればダメージをうけるか知っててやるのは、人としてどうなんだ?!という話になる。

  ただ、これでボロボロになって終わりだと思うべからず。
 私は深海の底まで沈没するけど
落ち着いたら必ず【浮上】して
  やられたらやり返す!

 守り抜く。大切な人を。
 【家族も恋人も神推しも推し】も。

セーラームーンを守り抜く
セーラー戦士のように。
 館花 琴音の文章を舐めてはいけない。
伊達に選ばれ続けてない、私の文章力を死ぬほど思い知ることになるがいい。
  

続きのストーリーはこちら!

本当に大好きな人には失恋してきた話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。