命の無駄遣いとは。山崎理恵著書のことば。【合わない人といる時間】

前話: ファイナンシャルプランナー3級。コスプレイヤー、サークルの聖地、幕張メッセの国際展示場 ビックサイトは、コスプレイヤー、ヲタクの聖地。聖地に10年ぶりに凱旋。試験会場として訪れた話
次話: また君に恋してる 坂本冬美

  私はいろんな人と交流したり、いろんな患者さん(元歯科衛生士)と好き嫌い関係なく絡まないと行けなかったり


仕事は、人の好き嫌いをいってられない。

趣味の声アプリSpoonも、自分の好き嫌いは置いといて、自分のファンは大切にする。

【プライベートは合わない人と過ごす時間は命の無駄遣い】だと私も思う。
作家山崎理恵先生の名言。

【プライベートでストレスを減らすことが大事】

 私が好きでも相手が私をなんともおもっていないことがあるし
  大好きでも、相手に嫌われてることもある。

私のこと好きじゃないのに、同情されていることもある。

どれも正解で
【相手の自由】だからね。

 私は相手の全てを受け入れていく。

 だからこそ、【からかわれていたり
【好きじゃないのに好きだ】といわれていたらショックを受ける。

 【社交辞令】は必要だけど

 相手を傷つけるとしても、ついちゃいけない嘘もある。

 嘘は必要。

 希望も嘘になることもある。叶わなければ嘘。でも叶えば真実。

 嘘を本当にしてしまえばいい。

私は【命の無駄遣い】ではなく

貴方と一緒にいるために
文章を書いて貴方へ(読者)
愛と感動を称えるよ。

続きのストーリーはこちら!

また君に恋してる 坂本冬美

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。