バンドマン→ニート→フリーター→大学生 序章

1 / 2 ページ

後編: バンドマン→ニート→フリーター→大学生 山の巻
夢を追いかけ続ける事って大事だと常々思う

音楽は母親がピアノをやっていた影響である程度の感覚は身に付いていた。いつもピアノの横で適当に歌ってた。そんな幼少期。

その後親父の仕事の関係でフランスへ移住。

A-SK
え!?フランス!?かっこよくね!?
親父
仕事の関係だ。しばらくフランス暮らしだ。
と言われなにも考えずにフランスへ旅立つ。この時私10歳。


フランスがどこにあるかも知らない年齢...


月日が流れ中学生になった頃に1人で帰国。

その後カルチャーショックなど数々の壁にぶつかり月日は流れる...


A-SK
お前なんかに俺の気持ちがわかるか!!
A先生
まーまー
という中二病MAXな状態で高校に入学するものの、途中退学...
ダメだ、俺にはフランスに帰るしかないのか...

と諦めていた頃、とある看板が目に入る。

【新堀ギター】


A-SK
ギター!?かっこよくね!?
という毎度恒例の「かっこよくね!?」で入学を決める。

入ってからというもの先生に恵まれ3年間無事に通い、高卒の資格も無事取得

卒業後

【メーザーハウス】

A-SK
ここ有名なんすか??
事務局の人
そうですね、◯◯(超有名ギタリスト)さんなども卒業しています。
A-SK
え!?「かっこよくね!?」
またしても、入学を決めた。

しかし、1年で物足りなさを感じ始める。ここで

アメリカ行きを決意。

みんなの読んで良かった!