バンドマン→ニート→フリーター→大学生 山の巻

1 / 2 ページ

前編: バンドマン→ニート→フリーター→大学生 序章
後編: バンドマン→ニート→フリーター→大学生 学生へ逆戻り

2011年4月


俺A-SKはニート生活を送っていた。
元々性格的にアクティヴなので非常に退屈な日々を過ごしていた。

ふらりと楽器屋に寄って、ぽかーんと楽器を見つめながら、この先どうしようかと考える余裕すらなく、ただただ日々が過ぎて行った。
A-SK
はぁ...お金落ちてこないかなー
現実を見なさい
という中二病を20歳になりながらも発症していた。
しかし、なぜ入学式で華やかな世の中、リア充で埋まっている渋谷。

俺はなぜここにいるんだ?

はっ!!お金が必要なんだ!!バイトしよう!!

と思い立ち。バイトに応募を始めた。

面接に行きまくった、行って、行って、落ちて、落ちまくった。

その数総計25個。。。


A-SK
お前いじわるだな
もっと頑張れボケ!!
と言われ、26個目のEDWINに面接に行った。

この時点で面接時間が長かろうが、短かろうが落ちるときは落ちる。
という事を学習していた俺はもはやなんの期待もしていなかった。

そして、なんと採用!!

こんな俺がEDWINで働き始めましたと。
そして、新たなフリーター生活が始まる。

そんな中Paul Reed SmithのCustom24というギターに出会い。
ローンを組んで購入。


このようなギター。最高ですね。
そして、楽曲制作を始める。希望が見えたきた!!

バイトもなんだかんだ「かっこよくね!?」法則に当てはまっていたし。
楽曲制作も順調に進み始めて、今ではデモは500曲ほど。

そんな中...

みんなの読んで良かった!