ひとりぼっちで感じる孤独より2人で感じる孤独のほうが辛いことのように(surreal浜崎あゆみ)

前話: ランキングに載らない配信者の生き残り方(ロングセラー配信者になれ)By次世代配信者、音声配信のHIKAKINこと、こうにい。#Spoon
次話: 10分で雑学ラジオしやがれ。 すふれさん。感想。

  私は、この10年間。


結婚して、旦那がいて、ふたり、だとずっと思ってきた。

 おかしいな、とおもったのは、
トイレに行く時に、その場を離れる時に
【ちょっとどこどこ行くね】というのを
彼はできない。
 忘れちゃうのかな、とおもった。

子どもができて、長男が、7歳になって
【お父さん、迷子になるね?】といって、私がずっと疑問におもってきたことが、あながち間違っていないことに気づいた。

 言わないのだ、どこにいくにしても。
何度かいって、も、言わないでいなくなる。
どこへいったのかわからず電話してつかまえて、行き先を知る。もう、こういうなにか抜けているのだ。

 そして、それはお義母さんも、ある。
2人の共通点は
【言ったことにまるで責任を持たない】

【こういいましたよね?】と聞き返すと
【知らないわ。貴方がなにを言っているかわからないわ。妄想、じゃないの?】

とお義母さんに、10年言われてきた。(Storys.jpの内容もすべて絵空事だと思っている。私は記事全てに責任を持ち、小説以外はノンフィクションとして事実に基づいて書いている)


言ったことを、平気で言わなかった、それはあなたの妄想、です、という。録音でもしてないと、水掛け論だ。

旦那は
【それはことちゃんの被害妄想、だよ。お母さんの悪口ばかりで、ことちゃん、直したほうがいいよ】

 そう、なの?

私の聞き間違い?

ところがここにきて
長男が7歳が
【お母さん言ってるの、あってるよ。お父さんそう言ってたよ】

【なんで、おまえはそんな嘘をつくんだ、お父さん悲しいぞ】
という。

 ・・・いや?

違うな。

3歳の息子が
保育園で担任の先生に
【お母さんを助けて。せぇせぇーお母さんを助けて】と言うようになった。
おかげで何回も担任と話し合いの機会があった。

 3歳の息子は、
【おばあちゃんと仲良くしてくるね。お母さんとこにちゃんと帰ってくるね】という奇妙な言い方をした。

 ?

長男が
【おばあちゃん、お母さんになにか言われてない?大丈夫って毎回聞くの。お父さん、お母さんはヤバい、子どもを見てないって言ってるよ】

 ヤバい?私がほとんど送迎もしてるし、仕事以外に遊んでいるのも私だけど
私が子どもを見てないの?
授乳期間中もどんなに寝不足でも変わってくれなくて
ほぼ私がワンオペしているけど、ちょっと家事をしたり、育児をしたり、外にでたときはこぞってみんながみているとイクメンするけどね。


それを旦那にきくと
【なんで、嘘をつくんだ、そんなことお父さんは言ってない。お母さんも長男も嘘を言うな】

  嘘を、ついて、いるのは、誰なの?

長男が
【お父さんの言ってることを録音したほうがいいよ。言ってるのに言ってないって言ってるよ】

  私は
ひとりぼっち、だったのかもしれない。
ずっと。

  だけど、息子が
話すようになり、息子はみていたのだ。

 3歳も7歳も

誰がお誕生日にプレゼントを買い、遊びにつれていき、仕事ばかりで構えていないお母さんが、ない時間から編み出して、遊んでくれたり連れて行ってくれる。お母さんは嘘をついてないのに、嘘をついているといわれることに、
  息子は、【おかしい】とおもったのだ。

そして、3歳の次男は
【大人の先生に助けを求めた】
自分ではお母さんを助けられないから、お母さんを助けて。と。


 私は、子どもを全力で守ります。
きっと、いま、私がすることは
自分が感じてきた違和感は、あっている、ということなんだと。

 ひとりぼっちだったのかもしれない。でもいまは、私には
【息子たち】がいる。
そして誰よりも
声で支えてくれる【推しがいる】

続きのストーリーはこちら!

10分で雑学ラジオしやがれ。 すふれさん。感想。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。