推し事。お仕事。

前話: 配信者の、世界。声のYouTuber。次世代配信者たち。
次話: 譲れないことは一つに絞りなさい。それ以外は相手に負けて譲りなさい。

 私にとって【推し愛】は

【お仕事=推し事】です。

 推すことは、お仕事です。
お金は貰わないけど、私が自分の幸せのために、その配信者や芸能人の声を聴いたり、本や文章を読むことで幸せな気持ちになるからこそ

 その【恩返し】として
【推し事】をします。

 お仕事です。推し事です。





※神推し推し複数います。ヘッダーをご覧下さい。
 その人の作る【動画】が好きです。
【歌が】スキ
その人の作る【企画】が好き

 配信が好きです。

インターネットの恋愛はしたことがありません。   
  『現実でリアルに会った人としか恋愛したことありません』
現実主義です。

 インターネットから始まる恋もあるかもしれないね。

 既婚者のわたしにとって

神推しも推しも芸能人のようなもの。


 いつか握手したりサインを貰えたらいいなぁ。コラボして数分話せたらそれでいい。そういうのが

 『推し』です。

尊い。

続きのストーリーはこちら!

譲れないことは一つに絞りなさい。それ以外は相手に負けて譲りなさい。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。