HSP気質だと究極に疲れると【1人になりたく】なる話

前話: 心の壁。ATフィールド全開。山崎理恵先生の教え。
次話: 秘密。

  【元気がない】ときは

【メンタル弱っている時】は
私の場合、【誰かと居たい】ではなく
【1人になりたい】





それは、誰かを避けているわけじゃない
私は、HSP気質なので
誰かといたり【推しの枠】にいれるときは【元気がまだあるとき】
メンタル弱っている時
他人の感情や雑念などダイレクトに全部自分に降り掛かってくる

これ、普通の感覚の人は、わからないし、ないらしい。HSPの人は気にしすぎと思われることが日常茶飯事で、起きる。

【人混み】に【酔う】

【ヒトの多い場所でグッタリと疲労する】


 人の【気というか気配】というか
あと【声から感じる声色や感情】などがダイレクトに刺さる。

【感受性が豊かすぎる】

かといって、感受性豊か=声劇や演技が上手いというわけではなくて。

  推しの声が好きだけど
声を聴いて元気になるときもある。のだけど。


 

究極に疲れ過ぎてしまうと
推しの声を【楽しむ】余裕がない、とでもいうか。



自分の心を守る。
 いまは。
 よく頑張ったね。  

誰も悪くない。自分の選んだことも
進んできた道も後悔しない。
  ただ、今、
【独りの時間を仙人のように】
【俗世間から離れて】
【五感を研ぎ澄ます】

 自然の多い場所へ森林浴をしに、行きたい。

 還りたい、そこへ。
おおかみこどもの雨と雪の
【雨】のように。
オオカミになって、森へ還りたい。



 緑の葉の匂い、土の匂い、お日様の匂い、雨上がりの湿った香り。

 還りたい、なぁ。人間、やめたくなる。やめたらだめだけど。

 還れないことも、わかる。

進むしか、ないことも。

 帰れないなら
とりあえず
森林浴、しに、いくしかない。
願望言うと【ハワイに行きたい】

続きのストーリーはこちら!

秘密。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。