大勢集まる場所が苦手。配信の場合は大きな企画でアクティブ多い枠にいるのが緊張する。

前話: ファンレターをDMで送る頻度。
次話: 怒り新党。有吉さん、夏目三久さん結婚おめでとうございます。

  私は過去に【過呼吸】も経験したことがあります。


 【パニック発作】もある。

もうだいぶ緊張しない限り大丈夫だけど

 突然、満員電車の中で
動悸が速くなって、死ぬかもしれないっていう恐怖と、大量の冷や汗と、過呼吸になり、呼吸の仕方もわからなくなって、すぐ着いた駅でおりて、意識がなくなって、救急搬送されたことがある。

  ディズニーランドも大混雑時に、パレードをみている最中、気持ち悪くなって、救護室とか

 西武新宿線、高田馬場駅で
トイレに入ろうとして、それまでなんともなかったのに意識がなくなって、掃除のおばさんと、駅員さんに救護室運ばれていたり。

なんども病院で病気かとおもって検査したけど、身体に異常がなくて可能性としては【パニック発作】ということに。


 【健康体】であっても
【見た目がなんともなくても】

【心】が傷ついていたり、緊張状態で知らずに自分を追い込んでいたんだと思う。


 幼少期から、親や叔母からキツい言葉も飛び交う中で
【痛みに麻痺】していく。

【言葉に麻痺】していく。


心に【麻酔を打つ】ことで、平常心を私は保ってきたのだ、と知る。


だから、【感情】を大切に。

【自分の感情】を大切にしてほしい。

 私は【自分を大切に】するようになったら【物欲】がほとんどなくなった。

好きなことをして、文章を書いて、好きな声を聞いて、推して、大好きな息子達や大好きな人と過ごすようにしている。



 【本が読めて、好きな声を聞いて、好きな文章を書いて、好きな人達と一緒にいれたら】それで、いいの。

 明日も、好きな人達に
逢えますように。

 明日も好きな声に
逢えますように。


 
  

続きのストーリーはこちら!

怒り新党。有吉さん、夏目三久さん結婚おめでとうございます。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。