死から今日で3日が過ぎた story 2

前話: 当たり前の日常の中で突然に来た彼の死と本当のm story1
次話: あの日のまま・・story 3

5月1日

今日で3日目

mのお父さんに会ってから3日が過ぎた

私は声を出せなくなった

代わりにここが今の私の世界になっている

不思議と声が出せないのにここでは私の思いを発信している

今は心配して母がいつもそばにいてくれている

ごめん・・と思っているけど何も出来ないし、したくない

とにかく今はもうmに会えないと言う現実を受け入れられない

そんなはずがない!

だって4日前まで一緒にいたんだから

悲しみなんてレベルじゃない

会いたい

会いたい

会いたい

mのLINEはまだそのままであの日の朝、私がおはようと送った文がそのまま未読だ

私は未だにmにLINEを送っている

私からの一歩通行の未読の文がどんどん増えていく

苦しい

今までのmとやり取りしてきたLINEを何度も何度も見返しては泣いている

1人にしないし

 むしろどんどん

あのたの事が

大好きになるし

愛してます

rの全部が好きです

ずっと一緒にいるから

足蹴にされても一緒にいる

絶対離れない

rより先に死なないし

絶対1人にしない

rが死んだら、すぐ死ぬし

追いかける

ずっと一緒にいる

rを幸せにする

Rainがえらんでくれたんだから・・・」

これ一語一句そのままmからきたLINE

先に死なないって言ったじゃん

1人にしないって言ったじゃん

今もLINEが来そうなくらいすごくリアルな文章ばかり・・・

「死」ってなんて残酷で儚いんだろう

続きのストーリーはこちら!

あの日のまま・・story 3

著者のRie Akiyamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。