信じる、貫く。最後はそこに尽きる。

前話: 私の考える男前とは。
次話: 記録。TwitterもStorysも。動きが途絶えたときは。

恋愛も仕事も、不安になるし、自分に自信がなくなるとあれもこれも怪しくみえるし、自分が楽になれることに、耳を貸したくなる。





けど、それこそが
【悪魔の囁き】だから。

 貸すわけないでしょう?
 こんなことで、めげることねぇさんだったら、ここまで来てない。

 仕事が嫌になることが、ある。
 恋愛するのも嫌になることが、ある。

だけど、そこで投げ出すのは簡単で。
 逃げることもフェードアウトも簡単で。

 それこそインターネットだから
SpoonやTwitterやStorysから逃げる時も
削除して終わり!!ってことも
やれなくもない。

 だけど、それやっちゃったらさ 【クズ】だし【外道】でしょうよ。

そんな器ちっさくないわ。

今までもこれからも
 私は 館花 琴音、それ以上でも以下でもない。


貴方も言ってみて
私は【自分の名前】それ以上でも以下でもない。

でしょ?スッキリしない?

 大きく見すぎてもリアルとのギャップに苦しむし。
 過小評価すると
 なにも出来なくなる。

 等身大で悪いとこもいいところもひっくるめて。
仕事も結果出るまでやる。
 今の生活も結果でるまでやる。
小説も、Spoonも。
 やる。しか、ない。不安になるし、逃げたくもなるけど、やる。

続きのストーリーはこちら!

記録。TwitterもStorysも。動きが途絶えたときは。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。