記録。TwitterもStorysも。動きが途絶えたときは。

前話: 信じる、貫く。最後はそこに尽きる。
次話: 姑の自分のしたいことを相手が嫌がるのにやるところとこちらの要望は言い訳してやらないところを10年戦い、ずっと私が折れてきた話

 私は、いま生命の危機を感じている。


 だからTwitterとか、Storysに残すのは、記録でもある。嘘をあまりツイートしないようにしている。

 コロナで突然死するかもしれない
旦那から精神的に暴言吐かれているけど
旦那のお義母さんからも。

 それも聞き慣れてしまい、次男の保育園の保育士さんたちがおかしいって気づいてくれて
話を聴いてくれて

 自分がおかしいって旦那にもお義母さんにも言われてきたから
疑問にすら、思わなかった。

 そこしかない。世界観。

旦那がおかしい、お義母さんの言動もおかしいって、周囲から言われてはじめて疑問に思うように。

 毎日一緒にいると洗脳に近いのかもしれない。

自分を大切にするように
山崎理恵先生かりのカウンセリングうけてから、

誰が【私を踏みつけている】のか

自分を大切にすることで
違和感を感じるように。

 踏みつけられなれてしまうと

自分を踏みつける人といるほうが慣れているから安心してしまう。自分を大切にしてくれる人に違和感感じて遠ざける。

 逆だったんだ。

私が今まで遠ざけて来た人たちと

交流しないといけない。

私のことを本気で心配して怒ってくれた親友や

 手を差し伸べようとしてくれた人達を

 迷惑かけるからって自分から遠ざけてきた。

でも、それじゃ私は
何処へ逃げたら良かったんだ。

 助けをいいといい、酷い目に遭い続ける私を私自身が1番虐めてきたんだ。

 他の誰でもない。
私が私を身捨てているから、いつまでも助からない。

 私は、私を救う、と決める。

 もう、迷わない。自分を大切にする。
ただひたすらに。

続きのストーリーはこちら!

姑の自分のしたいことを相手が嫌がるのにやるところとこちらの要望は言い訳してやらないところを10年戦い、ずっと私が折れてきた話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。