姑の自分のしたいことを相手が嫌がるのにやるところとこちらの要望は言い訳してやらないところを10年戦い、ずっと私が折れてきた話

前話: 記録。TwitterもStorysも。動きが途絶えたときは。
次話: 世渡り上手の頭のいいと、勉強出来るの頭がいい、は違う。

  次男が【ママのところへ帰りたい】といってお泊まりを嫌がるのに

【お風呂入ったから泊まりなさい】とお義母さんが次男お気に入りなので、帰さない。

 そしてそれを突っ込むと
【ことねちゃんが恐ろしいわ。何言ってるかわからないわ。私は言ってないわ。妄想よ。被害妄想】と
言われることに、もう疲れたけど

 次男は3歳だけど、そのうち自分がいまされていること自覚するからね?

 お義母さん、貴方は

 美しいよ見た目は。
 そのへんの女優にひけをとらない。

だけど中身は、全く尊敬出来ません。

 相手の気持ちを無視ですか。

貴方の孫も嫁も。私は、もう、仕方ない。

 でもね、これを言うと
【ことねちゃんって被害妄想強いのよね】

自分に都合悪いこと全部、相手の被害妄想。相手が可哀想なひと。

 相手を下げないと、自分は救われませんか?

 可哀想なのは、お義母さんじゃないんですか?

 もう、きっと

言うことはないから、書いておきます。

 お義母さん、貴方は
可哀想でした。

 私を可哀想といいながら、私が友達に誘われたりママ友と遊ぶというと

 【大丈夫なの?】と心配するふり。

 なにが、大丈夫ですか?


なぜ、お義母さん貴方の周りから人が去るのか。

 お義母さんの周りに残っている人達は類友ですから

 お義母さんと同じ
人がいるから傷つけあうの。

 お義母さん、それは
【鏡に映った貴方】ですよ。

私が産んだ子は
貴方の孫ですが
私の息子なので

 そろそろ、私も本気でいきますね。

続きのストーリーはこちら!

世渡り上手の頭のいいと、勉強出来るの頭がいい、は違う。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。