批判を攻撃と取らないこと。批判はひとつの意見。

前話: Spoon ひかねぇ(ゲイバーママ)からの教え。
次話: SpoonやTwitterへ依存せず自立。

 自己肯定感の低い人は、批判を攻撃ととらえ神経質になる。


 自己肯定感の高い人は
批判をされても【ひとつの意見ととらえ、第三者の意見をきく耳をもち、直せるところはなおし、無理なものは無理と言い、軌道修正してまた歩いていく】

  怖がらなくていい。
 私もなんどか受賞するたびに、アンチを経験して、きっと、それが酷くなると追い詰められて、疑心暗鬼になり、人間不信になり、信じるひとを間違えたりする。


 私がそうだった。

 踏みつけられてきたひとは、慣れてきた踏みつける人に安心してしまう。

 自分を大切にできる人は、自分を大切にする人の傍で過ごす。

 違和感を感じる機能が麻痺していると、信じる相手を間違う。


 批判が、最近多い。
 その人たちは、批判をぶつける相手を選ぶ。

 匂いでもあるのか、自己肯定感の低い人はターゲットになりやすい。また日本語で誤解を招く、言葉足らずの人もターゲットになりやすい。


 文章は、ときに剣となり刃となり相手の心を切り裂いていく。

 そうか、そうするのであれば

 文章の魅力の高い、ことねぇさんがすることは、ひとつ。

 私は私の読者、リスナー、推しを守るだけ。

 文章で、護るだけ。

 Twitterも相手がなにか問題を起こした場合、相手のアクセスしているスマートフォンの登録元を調べられ、住所特定もされるのだから、とんでもない慰謝料請求されたり、社会的地位を脅かされるということだ。

 法律の知識があれば、わかることで
 【無知】なものは、【プロ】に喧嘩売っていることに気づかない。

私は
歯科衛生士であり
メンタルケア心理士であり
行動心理士であり
ヨガインストラクターであり
いまファイナンシャルプランナーをめざす、親戚は堅い職業が多く

 親友や友人には法学部でている者がいる。
 実家には会社専属の弁護士がいる。

そして文章の実績もある。

 かじった知識で、プロに喧嘩を売っていると、火傷をするということ。

 医療人じゃないとか、ハッタリかましているとかも、わかる人にはわかるということ。

 インターネットだから、敵も見えないけど、こちら側も見えないわけで
 こっちが【玄人】だったらどうするんだろうなっておもって、批判記事をみている。

 つまり【頭脳明晰】なひとは、安易に批判したり、するとしても文章に気をつけて書くということです。

 大人、か、子どもか
そこでわかると思う。

 

続きのストーリーはこちら!

SpoonやTwitterへ依存せず自立。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。