Storys.jpに恋してる。

前話: 天才とバカは紙一重。ちなみに私は文章以外、学業の方はバカ丸出し。
次話: 少女漫画のススメ。かぐや様は告らせたい

 文章を書くことに恋している。


なので私は、Storys.jpに記事を書いているとき
恋文を書いている。

 文章に恋している。
 過去に、元彼たちが【書くの辞めろよ!なんでそんなに書くことに拘るんだよ】とヤキモチを妬かれた。


 私にとって【書くことは息をするのと変わらない】

 配信者は配信することが息をするのと変わらないんじゃないかな?

その人に必要なこと、だからしている。必要無くなれば辞めたり、次のステージに行くんだとおもう。
 

 私は、小学六年生のときに自殺未遂をしたけど、そこから、書き始めた。
  きっと

 書くことで、生きようと思ったんだと思う。言葉で、言うことで表現出来なくて、だからといって文章もめちゃくちゃ上手いのかというと、私より上手い文章を書く人山ほどいる。


 【素直で真っ直ぐな文章】だということには、自信がある。


ただ、ただストレートに
変化球とか打てないので 真っ直ぐ真っ直ぐ突き抜けるように、うち放つ。


その言葉が相手に刺さるのか、届くのかはわからない。届かないことも、ある。

 いつも私は
流星群の流れる夜空の下で
1人佇んでいる少女のように


自分の好きな人や推したちが
眩い光を放ちながら流れていくのを
独りで眺めている。
  
 ただ、眺めるだけなんだけど
 幸せで。


 そこに手を伸ばしても届かないけど。

 それでも
 その輝きを目に焼き付けて

 また文章を書く。

 誰かの記憶に刺さるのを待つ。

 私の文章が、貴方の記憶に残りますように。

続きのストーリーはこちら!

少女漫画のススメ。かぐや様は告らせたい

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。