死と言う現実のカウントダウン story26

前話: 私の部屋全てがあの日のまま story25
次話: mのTシャツ story27

524

 

カウントダウンが始まった

あと4日だ・・

mがいなくなって1か月、mと会ってない1か月

だから何?

月日が経過すれば1か月だって2か月だって1年だってやってくる

当たり前だ・・・

そう自分に言い聞かしているけど・・・

こんなに月日が経過するという事が苦しく辛い気持ちなのは初めて

どうやって過ごしたらいいのだろう

どうやって

 

最近毎日やっていることがある

Rainがいなくなって初めての月命日にmは花を買ってくれた

私の好きな花を「ひまわり」を

来月はRainの命日

あれから1年・・・

mが私のそばで一緒に過ごしてくれたあの日

mと命日は一緒に過ごそうと話していた日がやってくる

命日にmはRainにクッキーを焼いてくれると話していた

もうmとは行けないRainのお墓へ1人で行かなければならない

だから私は毎日「ひまわり」を部屋に置いている

1人で・・・

ただ毎日「ひまわり」を見ている

全てが、1年の全ての行事が思いでしかない・・・

続きのストーリーはこちら!

mのTシャツ story27

著者のRie Akiyamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。