当事者間の問題に第三者が口出すややこしくなる話

前話: #女まみれの酔吐パラダイス

  過去にも友達同士が喧嘩をし

【仲裁】に入ったことがありますがこれ

【片方が拒絶していたら、無理やり仲直りは酷です】
  誰しもなんでも
なにか揉める時は
【どちらかが悪いのではなくて、お互いに悪い】ことが多い

  もちろん、本当になにもしてないのに妬まれて嫌がらせされているのは、また別ですが💦

   私も過去に相手が【拒絶】して傷ついたことがありますが

  【逆ならどうでしょうか?】

自分が嫌だ、無理だと言ったことを、周りの友達づてに言われたり、仲直りしないのっ?て

 私も言われたことがある。
【許してあげなよ、些細なことでしょ】

うん、でもね、それもさ
【本人が決めるのよ】

全部。

 周りの願望を、しょって、イメージをしょっています【芸能人も配信者さんも】だけど

 その人たちも【人間】です。
 心があって、気持ちがある。

 相手が許すタイミングも違うし、相手が仲直りしたいときにもう片方がもう仲直りしたくないってことも、ある。

  それもまた仕方ない。

 そうやって
タイミングが悪かったり、繋がったり、離れたりしながら人間関係とは、出来ていくし
【縁がないと切れる】ものです。

 それもまた仕方ない。

 本当に困るなら、必要なら
【切られない】からです。

 相手が困らないから切られたり、フェードアウトされたり、いなくなる。

 こちらが困ってもお願いしてもやってもらえないのは、自分がその人にとって
【その程度の存在だった】と嫌でも自覚するしかない。そしてそんな人なら縁がきれてよかったと思うしかない。


 私だけ好きでも仕方ない。
 相手が私を一方的に好きなだけもあるだろう。

  だから
【両想い】とは
 どれほどの【奇跡なのか】みんな
【両想いの恋人、家族、読者、リスナーの皆様】幸せを噛み締めて
大切にしてください。
  【両想い】は【奇跡】です。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。