本当の優しさって? story44

前話: すでに壊れていた2人 story43
次話: 私の行きたくないランキング・・story45

611

もう少しで私の愛犬Rainの一周忌がやってくる・・

昨年の今頃は毎日呼吸が苦しそうだった

3年目でガンになり手術をしたけど取り切れずいつ再発してもおかしくないと言われて9年も生きたRain

生きる力を教えてくれた

いつもそばにいて私を見ていてくれたRain

見ていることが本当に苦しかった

何もしてあげられなくただただそばにいた

そんな私を見かねてそばにいてくれたm

あの時1人だったら・・と思うと本当に感謝している

私の母親も言っている

「あの時はmくんがあなたと一緒にいてくれたから安心できた」と・・

色んな所でmは私を支えてくれていたんだ

何を思って私に寄り添っていてくれていたのだろうか・・・

自分は結婚していたはずなのになぜ私に寄り添うことができたのだろう・・

そう言う時の・・今までの私の危機に寄り添っていてくれた気持ちを知りたい

ただなんて言うんだろう・・

思いやりが強いと言うの?

悲しい気持ちになっている人を助けたい?

どんな思いで私のそばにいてくれていたのかな

私の理想の考えは

私を大事な人だと思い苦しんでいるから何か出来ないかとそばにいてくれた

これが理想・・・

でもきっと違うのだろう・・・

このままの流れでいるとそばにいた方がいいのだろう

困っているから行ってあげよう・・だろうな・・

優しい人ではあったから知っている人が苦しんでいたら手を差し伸べる人だと思うし・・

でも・・

でも本当の優しさではなかったんだ

本当の優しさはそんな事ではない

傷つけても苦しませることになっても真実を伝え向き合っていけることが

本当の優しさだと思う・・時に残酷なことでも、それが本当の優しさだ

続きのストーリーはこちら!

私の行きたくないランキング・・story45

著者のRie Akiyamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。