#0【不登校が僕の人生を変えた話】~高校中退。当時の僕が、今の自分を作った。~

次話: #1【不登校が僕の人生を変えた話】~予選1回戦負けの弱小校から、東京都ベスト4へ導いた中学時代。~ 28

「随処に主となれば立つ処皆真なり」

「今。ここ」に全力投球する。

主体性を持ってやれば、どこであれ、

あなたのいるところに必ず真理がほほえむ。


父の好きな言葉であり、

高校中退、編入、大学受験、就職活動、を経験した私の人生の教訓です。


自己紹介します。

私は1996年生まれ

2019年に慶應義塾大学の文学部を卒業し、

現在は広告代理店に勤務する、サラリーマンです。


スポーツ推薦で入学した高校を不登校になり、

中退した過去があります。



バスケットボールのスポーツ推薦で全国常連の強豪校へ入学するも、

16歳に時に不登校になり、高校中退した私が、  

慶應義塾大学に現役合格し、現在に到るまでの話です。


現在の私は、年収で億を稼ぐ若手の経営者とか、  

東大卒の弁護士とか、医者とかでもありません。

普通のサラリーマンです。


「昔はこんな苦労したけど、今はこんな大成功しているんだ!」

という話ではございません。


もちろん、現状に満足しているわけでもございません。


ただ、今の自分があるのは過去の自分の経験のおかげであり、

当時から考えれば、今の自分の姿は

夢のまた夢の大人だったのです。


誰かに、何か、伝われば。

何かを挑戦したいけど悩んでる人。

受験や就職活動を控えた学生。

何も夢が持てない中高生。

そんな人たちに、何か少しでも伝われば幸いです。

続きのストーリーはこちら!

#1【不登校が僕の人生を変えた話】~予選1回戦負けの弱小校から、東京都ベスト4へ導いた中学時代。~ 28

著者の耕太郎 伊藤さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。