悪評が流れた人気者のとき。人気なくなったら疎遠で人気がでたら戻ってくるのは友達じゃない話

前話: 毒親は親という立場を利用して子供を自分に都合よく利用する。子どもを搾取する親からは全力で逃げたほうがいい話

 友達って


【人気がなくなっても、誰かと揉めている時も見捨てずに側にいてくれて、待っててくれて一緒にいてくれたり、待っててくれたり、歩いてくれるのが友達】だと思っています。



人気者のときは側にいて
人気がなくなったり、パッとしなくなったり、お金がないとわかったら疎遠になったり、急に来なくなったりするのは

 完全に【利害関係】だとおもう。

 【条件付きの好きは、その条件が変わった時に好きじゃなくなる】と思う。


  高価なものをくれるから、とか
 高級レストランにいけるとか
 それも重要なのかもしれないけど

 それがなくても【好きですか?】ってことだよね。


本当に好きなら
その人が
【無一文】になっても好きでいられるか
だとおもう。

私が大好きだった亡き祖父は、
【小学校卒】の学歴がない上に
ないけど1代で財を成した【社長】で【村会議員】で【人格者】でした。

 が
仕事がなくて収入もなくて
【食卓に漬物と味噌汁のみ】みたいな夕食の時代もあったし、旅行もどこかへいくことも無し!な時代もあり

自営業で貧乏もお金持ちも両方あったけど

【お金積まれて養女になれば贅沢できるから家においで】といわれても私は行かなかったと思います。


 おじいちゃんだから、好きだったからです。

 お父さんは威厳がなく、責任のあることが苦手で逃げるピーターパンシンドローム体質。

 母親も母親の役目を果たさず白雪姫症候群。

 祖母と叔母は、女王様気質。

妹は完璧主義のゴーイングマイウェイ
弟はメカオタク。

 イラッとするし
 嫌い!って叫びたくなるようなときもあるけど

私は家族が好きで
酷い目に遭うことのほうが多い。毒親だろうし、両親は。

だけどこのうちに産まれて良かったし、どんなにお金がなくても、おじいちゃんの孫でいたいし、ずっとおじいちゃんの傍にいたい。

 おじいちゃんの忠犬ハチ公。

 私も妬まれて悪評流されるのは日常茶飯事でしたので、なにか賞をとって(文章で賞をとっては孤立してきた人生)時の人のときに集まってきたひとよりも

 私がしんどいとき、辛い時に

一緒に居てくれた【ママ友達と友達、家族】は、宝物です。

 【人材は宝物】


#ことねぇね
#友達の定義 
#Spoon
#standFM



著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。