毒親は親という立場を利用して子供を自分に都合よく利用する。子どもを搾取する親からは全力で逃げたほうがいい話

前話: 過重労働防止。コロナ倒産。失業。就労保険。あなたの人生に保険をかける時代
次話: 悪評が流れた人気者のとき。人気なくなったら疎遠で人気がでたら戻ってくるのは友達じゃない話

 うちの祖母と叔母は
【自分の思い通りにならないと子供や孫を脅してくる】

 そしてそれは
うちの旦那もそうで。

 【毒親】とは
【搾取】する生き物。

 そして【自分の存在価値を踏みつけられて、当たり前の温かい家庭でされる無条件の愛情を知らずに、進撃の巨人のヒストリア女王のような過去をもって育つと、ヒストリアのように自己犠牲が当たり前の大人になる】ことを

 私は実体験して知っている。



ちょっとでも【意に沿わぬ発言】すると
【ことちゃん、おばちゃん心配だわ。心療内科にいったら?精神がおかしくなっているのかも。そんなこと普通思わないから】

 【普通思わない】のは
【おばさんを疑う】ことね。


 【ことちゃんには、勿体ないからおばさんが使ってあげるから】といって私の大切なものを奪う。
 自分のムスメ、私のいとこより出来ると
機嫌が悪くなる。

 それは
【普通】なんですか?

 自分の子供が可愛いのは、わかるけど
【うちのムスメより目立つなよ!】という暗黙の了解。

 いとこより目立たないように。

してきた。


 いま私が自分の好きなように生きていることも

 【自分に利害関係がある】と思えば応援してくるだろう。

 お金が稼げたり、著名人とかになるとおばさんは、喜ぶ。
  
 お金にもならない
 自慢にもならないことには、見向きもしない。


それでも

おばとか、祖母とか

 に手を伸ばしそうになる。

 ヒストリアも産んでくれたお母さんに抱きついてぶん投げられていたけど。
   
  そのぶん
私に愛情をくれたリスナー、読者、推しに感謝している。

  もう、いいか。

 何を言われても、自分で決断したことを
貫くのみ。


#毒親
#脅してくる
#親子の呪い
#アダルトチルドレン
#ことねぇね

続きのストーリーはこちら!

悪評が流れた人気者のとき。人気なくなったら疎遠で人気がでたら戻ってくるのは友達じゃない話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。