思い出に変わるとき story60

前話: 生き残る残酷な私の人生 story59
次話: 私の部屋に残された思い出に囲まれて story61

627

 

 

明日でmがいなくなってから・・明日で2か月が経つ

本当に本当にあっという間だった

mがこの世を去ってから2か月・・・・・

この2か月でだいぶ変化した私の心

初めの頃を思い出す

毎日が苦しくて苦しくてどこにも逃げ道がなくひどい状態だった

生活もままならなくこのまま自分の心が壊れていくのではないかと言う恐怖に毎日襲われていた

何処に行っても、何をしても逃げ場はなかった

部屋にこもっているのが一番楽で・・・

だから私は毎日部屋にいた

この日記をつけ、ネットドラマを見てそれしかしないで生きてきた

そして2か月経った今・・

外に買い物に行き、ご飯を食べ仕事をし・・・

以前の自分を取り戻りつつある

いい事なのか?

これでいいのか?

このままmの存在が私から薄れていくことが淋しいと思いながらそうなって言っている

私は薄れていっている

あんなに苦しく泣いていた自分がいたのに

悲しみが消えたわけではない

決して忘れる事があるわけではない

でも逃げ場がなく苦しみの時期は確実に終わっている

私の中での思い出に変わってしまったm

こんな日が来ることは想像もしていなかったこの生活

こんな風にどんどん消えていくのだろう

もう大丈夫かな・・私大丈夫

最近そう思う私

続きのストーリーはこちら!

私の部屋に残された思い出に囲まれて story61

著者のRie Akiyamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。