芸能も結果が全て。だけど母親が子どもにするのは【過程を褒める】こと

前話: 行政書士久保ちま様。遺言やトラブルに【公正証書】
次話: 独り立ちとは。自立とは。女性が働く意味。

  【結果】を出さないと

【仕事】は、認められない。
【芸能人】は、数字を出さないといけない。【商品になる】のが【芸能人】

【スポンサーの要望をこなせる人に仕事がくる】

この【商品を売るために、イメージにあう芸能人は?この商品が売れるのに影響力があるのは?】

 それは【配信者】も同じで
【企画に呼ばれてる配信者は、アクティブが多いまたは企画者の好みの配信者であること】が多い。

 【運営に好かれるのも、運営の好みの配信者】

  ハッキリいえば
全ては【スポンサーに好かれているかどうか】

 どんなにいい配信しても、企画をしても、仕事をしても
【スポンサー】なり【お客様】なり【患者】さんに【刺さる】ことが大前提。

 それが出来ないと【選ばれない】

ただね、それを【子ども】にしちゃだめだし、【自分の読者やリスナー】にしては、ダメ。

  【過程を褒めよう】

私の子どもたち、私の読者たち、私のリスナーは、私の大切な子どもと同じ。

  【うちの子しか勝たん】ってね
Spoonの配信者の【君のねぇさん】が言ってたの。配信数回しか聴いてないけど、めちゃくちゃ温かい心根のひとで、言葉はぶっきらぼうなの。

 しかもストレートに話してくる。

 だけどね、あまりに【安心】してしまったのは
【うちの子しか勝たん。ねぇさんとこ以外にいくからそうなるのよ。うちに来なさい。護ってあげるから】

 泣きそうに、なった。

  .......そんなふうに

私、お母さんに言って貰いたかったなぁ。 
  ありがとう、君ねぇ。

 ずっと枠いくと、甘えちゃいそうで、時々聴きにいく配信者さん。

 優しくて、かっこいい女性で、可愛いのに、可愛いとかカワボというと全力で怒るのも可愛い。可愛いすぎる。とかいうと怒られるのかな。


私の神推しの、亜美乃さんの【布教して】アプリにいたときのマネージャーもしていたけど
あみちゃは神推しの中でカワボナンバーワンだからね。私のカワボナンバーワン。カワボは、罪だ.......同性なのに百合ゆりしたくなるのが、可愛い女の子なんだよね。

 【君のねぇさん】の
【専属マネージャー】の仕事ぶりは、一見の価値あり。

  私ね、専マネは
いま【Can.】ちゃんと【君ねぇ】かな。すぐ思いつくの。

 マネージャー上手い子まだいるし、名前も出せるけど。

 【プロ】ならそうだけど
【子ども】には、
【過程】ほめて、最終的に
【結果をたたき出せる】子に
【育て上げる】

育成よね。推し活も。
【推しを育成】している感覚。
【推しをインフルエンサー】にするまで【推しあげる】

#かじイベ
#こうにい
#亜美乃
#くだる
#はち壇
#ひかる
#ききらら
#SAKU
#君のねぇさん
#Can.
#Spoon
#配信者
#育成
#育児

続きのストーリーはこちら!

独り立ちとは。自立とは。女性が働く意味。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。