読者やリスナーの心を鷲掴みにする

前話: 私は恩知らずにならない。
次話: 何一つ無駄なことなどない。全て自分の人生に必要だから起きる話

  恋愛もそう。

ファンを掴むのもそう。
  相手の心を鷲掴みに出来ないと
自分だけ好きでも、告白したとしても
断られる理由は【好きじゃないから】
一択だよね。

  読者もリスナーも
ファン辞める時は
【好きじゃなくなった、つまんなくなった】なんだよね、シンプルに。


  あれこれ理由つけたって
 そこなんだよね。

 ファンだろうとリスナーだろうと恋愛だろうと【片想い】になったら
リベンジするのか
辞めるのか

  読者やリスナーの心をまた
【鷲掴み】にいこう

 ファンが減ったら取り戻しにいこう
 目に見えて去ろうとしていたら

とりあえず私は3回まで引き止める。
恋愛も3回目まで告白してた、過去に。

 【4回目は、ない】んだよね
私の中で。

 子どもにいたっては【2回目】で辞めた。

 【引き際】か。

 ただ【作家】になる夢は
【死ぬ時に引き際かな】と本気で思う
まだよ
 まだ。まだ諦めない

#夢祭り
#ハッシュタグ
#Twitterドリーム

続きのストーリーはこちら!

何一つ無駄なことなどない。全て自分の人生に必要だから起きる話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。