私は恩知らずにならない。

前話: プロ意識とやるなら死ぬまでケイゾク
次話: 読者やリスナーの心を鷲掴みにする

   相談にのってくれたひとを、私は覚えているし、私がSpoonを安易に【転生】しないのは【インターネットでも生きているから】です。


  ゲームじゃないから。
私のインターネットやSNSアカウント。
   【中身】変わらない。

 転生しても、いい。しちゃダメだとは言わない。だけどさ、【恩知らず】になってしまってないか、私も振り返る。

   ただ、私の想いと相手の想いも違うんだろう、と思った。


 【ひとを、物のように扱う人がいる】

【自分しか見えてない】んだろうな。

  名前を変えたり、居なくなって、で、その後自分が自分じゃないかバレてないと思ってる。

   前にも記事にしたけど
【文章には癖がでる】
絵文字の使い方、句読点の打ち方、間合い、文章の雰囲気。

  私は転生した中身に、時々気づいてしまう。

ゲーム感覚のひと、なんだな、この人たちは。インターネットが。

  私はインターネットであろうとも

 画面の向こうに【人の心】があると思って接しています。


 数、ファン数、思い通りにならないと
  人を整理するひともいる。

 それがわるいとも言えない。

 【その人の生き方】なんだろう。

 良かった、と思うしかない。そういう人たちとわかったことを、ね。

  【自分が相手にしている態度は、巡り巡って自身に返ってきます】

  これは予言です。予告です。
 【  己を振り返れないものは、忘れた頃に自分が相手にしたことが、別の違う相手からブーメランのように還ってきます】

 そしてそういう人たちは、【こういう記事みても自分のことと思わない】

  【自覚】したときに、起こる、それは。

  私は怒らない、責めない。
  【自覚することを祈るしかない】

  #Spoon
#Twitter
#恩知らずにならないように
#相談する相手は信頼できる人へ


続きのストーリーはこちら!

読者やリスナーの心を鷲掴みにする

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。