ヒッチハイクで日本一周(1日目)第二回

前話: ヒッチハイクで日本一周(1日目)
次話: ヒッチハイクで日本一周(1日目)第三回

ヒッチハイク開始

大阪方面とスケッチブックに書いて
一時間ほど待っていたら...
アウディに乗ったいい感じのお兄ちゃんに声をかけてもらった!!
(心の中でガッツポーズ)
「彦根で降りるけどのるー?」
僕はめっちゃ迷い
「途中のPAまでいいっすか!?」
と聞いたが、伊吹山PAしかなく利用者も規模も小さいそうなので丁寧に断わってしまった。
まさか一台目を断るとは...
声をかけてもらうだけでもかなり元気が出たので
気を取り直して。「多賀方面」と書いて再開!

どんどん車が通り過ぎていくが、ドライバーの方は自分の事を観ていたので
立ち位置、書いてある目的地、車が止まるスペース、完璧だった。

このSAは必ず車が止まると確信していました。
すると、30分ぐらい経つと大阪に向かう夫婦の方に拾っていただきました!!

話を聞くと大阪にむかう事でしたが、多くの人と話したいので
大津SAまで...

車内は旦那さんと営業と制作者の話をして、制作者も大変だが営業も大変だと聞きました。
僕はデザイナーなので制作者側ですが、結局の所は、持ちつ持たれつ
なんすよね!前職の会社は結構な無茶ぶりがあったので徹夜する事が多く


仕事が遅いなど言われて営業の人が嫌いでしたが、まぁ


持ちつ持たれつなんすよね。
奥さんは世界を飛び回っているバックコーラス?の方で


なんかめっちゃ凄い人でした。


ヒッチハイクは普段生活していたら絶対で会えない人と出会いますねw


楽しく過ごせました!!大津までありがとうございました!


大津SA

大津SAについたが...
建物が工事中で車の流れ方が最悪で、ヒッチハイクが絶望的な状況でした。

ちょっと、外れた所でやっていたら

赤いランプが乗った白と黒のツートーンの車がきてキレ気味で

バビロン「お兄ちゃん何やっとんの!?こんな所でやっとったらヒャクトーバンやぞ!」

僕は「僕がかけましょうか?」
(旅に出る前にヒッチハイクの事をメールで問い合わせして大丈夫でした。)

バビロン「帰れ!いくらもっとんの?どっからきたんや?」

僕「ヒッチハイクで帰りますわー」
と言って、トイレに待機

やっぱ、バビロンは苦手っす。
なんで車でヘルメットかぶってるのか謎です。

バビロンとのやり取りを観てた家族の方が

「次のSAまで乗せてったるわー!」
と言ってくれました。

めちゃくちゃ助かりました。

かなり短い間でしたが、巻々で自己紹介!!

缶コーヒーをもらいました。ありがとうございます!!


桂川PA〜吹田SA

桂川PAまで乗せていただきました。

以外と桂川PAの利用者が多くてテンションがあがった。
なんかこの時にどっと疲れが来て、喫煙所で一服。
旅のお供がアメリカンスピリッツのタバコだ。。。
喫煙カー(喫煙者の車に乗る時用)のタバコだったが
たまには悪くないと思って、さっき頂いた缶コーヒーで10分くらい休憩
大学生のリア充グループも喫煙所に居て、かなり目障りだったのは間違いないっす。
たこ焼きを「アーン」にイライラしてたなぁ。。。
長居は無用。梅田が目的地だったので、手堅く「吹田」と書いて
ヒッチハイク再開!!
10分ほどで吹田に帰る方に乗せていただきました!!
ブラックマヨネーズの小杉さんに似ている方で、
その上、関西弁なんで小杉感半端無かったです!!
大阪の交通の仕組みを教えてもらいました。下道のヒッチハイクは厳しいと
聞いたが、心の中では「余裕!!」とか思ってました。
(後悔先に立たず。。。後日、大阪で絶望しました)
吹田ICから新大阪奉免に行く道路におろしていただきました!


吹田〜梅田

大阪の街も観えてきて、短い距離だが「梅田」と書いてヒッチハイク
地下鉄使おうか迷ったが、今回の旅はヒッチハイクで困っても公共交通機関を
使わないという縛りが自分の中でありました。
(島への移動のフェリー、観光地で乗らざるえないモノは省く)

そして、交通量が少ない道で待つ事30分。。。
一台の車が止まった。
梅田へゴルフ用品を買いに行く方でした!
おじいちゃんで、車内はほとんど無言でした。僕が頑張って盛り上げる?退屈しないように話しました。大きい返事は無かったがずっと僕は話し続けました。
なんで乗せてくれたのか分からなかったが
梅田について降りる時に「話面白かったよー」と言われ
なんか、むっちゃ安心?した。
大阪に着いたので、ここからは大阪編!!

更新について

遅れてすいません。日記と写真を観つつ書いてます。
時間がある時にメモ的、あった事を殴り書きしているので伝わりづらい部分あるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

まだ、一日目なんや....

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

ヒッチハイクで日本一周(1日目)第三回

著者の杉野 亮さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。