私が尊重できる命には限りがある ミカサ・アッカーマン By進撃の巨人

前話: 芸能界の次は【配信界】ブーム。FMSpoon、HAKUNA、podcast、ピカピカ、standFM、Reality。まだあるぞ?!
次話: 【配信者とリスナーのチームワークや絆】私のSpoon推し考察 神推し7(あくまで私の個人的感想 元ネタAKB48の神7)

 【私が尊重できる命には限りがある】

ミカサ・アッカーマンの台詞だ。


  【私の文章で助けられる命、リスナーにも限りがある】

 私の文章が届かないひともいる。

刺さらないひともいる。

 私に関わりたくないひともいる
私が、関わりたくないひとも、いる。

  なので【私は全世界救えないし、みんな救おう】とか、言わないし言えない。


 ただもしも
貴方が私を選び
私を【必要】とするならば
【私にできる範囲で誠実に応えよう】ということだ


 ミカサ・アッカーマンのように。

 キミが【私のエレン・イェーガー】だよ

私の文章で【心を支える】

だから【君は君のできることで、君を慕う君のできる範囲でリスナーや読者や友達を救】えばいい。

 各自、自分のできることをするしかない

私は私のできることをするのみ。

そして【私の守れる範囲は限られている】ことを知らないと

 私の【領域】から外れたものを
私は護れない。

 【進撃の巨人の3つの壁を越えたところにいるものを護れないのとおなじ】

ただ私は閉じ込めたいのではない。
  【いつかみんな守らなくても大丈夫になったら】

 【3つの壁】は、なくなるのだ。

  【地ならし】は、必要な時に起きる。

そうならないように、自身で考え、選択し、決断し、【誠実に】生きよ

#読者へ

#ことねぇ
#Twitter
#Spoon

続きのストーリーはこちら!

【配信者とリスナーのチームワークや絆】私のSpoon推し考察 神推し7(あくまで私の個人的感想 元ネタAKB48の神7)

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。