母親からの着信。

前話: 肉食女子の襲来!時代はイケメン・イケボを狩る時代へ突入。
次話: いぬいさえこ じょうずにいえなくてもいいんだよ 癒しのイラスト

  私の母親は、鬱病になったこともあるし、交通事故で脳をうって、言動や行動がおかしいときがある。


 永年の嫁姑問題で、精神的に壊れた、とでもいうか。私にとって私を溺愛した祖母。実母と祖母は仲が悪い。
  おばあちゃんがお母さんをいじめているようにもみえるけど、おばあちゃんは厳しいけど【常識やきちんとしていれば何も言わない】ただただ【世間体ばかり気にする人】だけど。

 祖母は【芸能界が大嫌い】芸能人はみるし、テレビもみるし、だけど
身内が【芸能人になるのは嫌】という。

 ただ【私が全国出版】したときは、喜んでくれたけど。

 それを【メインの仕事】にすることは、許してくれなかった。

 母親はおばあちゃんに怒られていたのは【母親の役割を果たさない】からで。

 掃除しない、洗濯物の干し方がぐちゃぐちゃ。
 食事もぐちゃぐちゃ。

 なのに【仕事を、パートでさせてもめちゃくちゃ】で。

 村の中の山奥の出身もあって、いろんな人に陰口いわれていて、子どもとして聞いていて辛かった。

 なぜちゃんとやらないんだろう。
  中学校のときは、私は【自分でお弁当作って持っていく】ようになる。

 地域の活動もしない。から、小6から私は仕事でいけない父親、地域参加をしたくない母親で、私が参加していた。

 朝5時からの道路沿いのマリーゴールド植えとか、もう修行でした。各家庭、大人なのにうちだけ、子どもで。

 それでもみんなに【えらいねぇ】って褒められました。きっと、そのあと【なんで母親は参加しないのか】と言われていたのだろうけど。

  幼稚園のお迎え、忘れられる。
  小学校、授業参観、忘れられる。

高校、下宿させられる。
  専門学校、関東千葉県に出させられる。

 仕事決まったら放り出される。
 なんかもう、【帰りたくない】し
【親は学費とか携帯代出していればいいんじゃないよ】
【愛情注いだ?コミュニケーションとった?会話した?】

  【親の役割】ってさ

 【無償の愛】だよ
愛してる、大切だよ。あなたは大切な子どもよ。自分を大切にしてね。
  大好きよ。

 そう言って抱きしめてくれれば良かった。それだけで良かった。

 【お母さん、そっちで暮らしていい?お母さんの面倒見て】

は?????
  学生の時のお金出してきたから、みてくれるよね?ってこと?なの?

  比喩でいうと、配信全然こなくて、たまにきて【大金の課金アイテム投げて】を繰り返すリスナーに似ている。

 お金渡してるから、いいだろう?的な。

 まあ、それで喜ぶ人もいるとは、思うけど。

 お金も必要だから、否定はしない。

 ただ私にとっては【愛情とか心とか】のほうが大事で。

 【愛情が欲しかった】

もう、私は40歳だけど。
 だから求めない代わりに、【出たい】と思わない限り
  母親と通話したくない。

 コロナでいつ死別するかわからないのに、それでも、話したくない、と思ってしまうから、心に正直に従う。

 【人は自分が嫌なことされたら避けるし、嬉しかったら交流したいと思う】よ
 そして【逢いたい】と思うんだよ

#家族
#毒親
#毒母
#無償の愛

続きのストーリーはこちら!

いぬいさえこ じょうずにいえなくてもいいんだよ 癒しのイラスト

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。