Spoon女性配信者はプロデュース能力高い。Spoon配信者 皐月。【如月家の憂鬱】私の台本の認知度をあげたプロデューサー。

前話: 地獄少女 人を呪わば穴二つ いっぺん死んでみる?
次話: 約束。私の任務完了。

  皐月ちゃん、彼女を【味方につけられた人が勝者になる】


 彼女は【TwitterのDMのやり取り、私の対応、そして私の台本置き場の台本】を読んで
  【私の本質を掴んできた】

 【役者陣】も凄い
  あたごさん、ブッサイクなキツネやなあさん、Ichiくん、まーくん、ひろまるくん、ぎいちゃん、ファン数バラッバラなんだけど

  この名前をSpoonで検索したり、Twitterで探して固定ツイートとか動画で【演技力】確認したらいい。

  みんな【プロ級】に上手い。

 私は、皐月ちゃんのSpoon CAST
【アイビー】に惚れ込んでいて、このCASTを聴いたときに
  『彼女に台本読んでもらいたい』と思ったんだけど、いかんせん、
【陰キャ】で【引っ込み思案】なので

 Spoonの現役CHOICE、1万以上ファン数いて、まず、私が相手にされないし、配信聴きにいっても、どこまで仲良くなれるかな、と。

 そしたら彼女は
私の企画【京都リレー】にも聴きにきてくれるし、【課金アイテムスプーンも投げてくれる】

 DMでは【配信者とかリスナーとかなに?同じ人。人間。絡み方、対応、人柄で判断してくれる】


  後半は、もうね、
 私ね、皐月ちゃんからDMくるたびにね、泣きそうになってたの。

  【嬉しくて】

 あとね、【team皐月】のメンバー

 キツネたんは、ね。一時期推しマークをアイコンにいれるほど、ハマっていて、キツネたんに【台本読んでもらいたい】とオファーしたこともある。
 『 返事は来ませんでした、来ませんでした、来ませんでした THE YELLOW MONKEYのJAMの替え歌です』

  私はどーしたらいいんだろう?
 私はSpoonでどんな位置なんだろう?

 いつか、私の夢、叶う時なんて来るの?!わたしもう、アラフォーだわ。人生折り返しだわ。

  もう.......辞めた方がいいのかな。
 推しにコラボしたいと1年半オファーして暖簾に腕押しで、諦めかけた時

  『こうにいがコラボするよ』と言いました。

  皐月ちゃんの配信聴きにいったら

【ことねぇWorld作りたい!私、読みたい】と
 言いました。

 ひかねぇが

 【私は貴方、長い目でみてるから.......】
と。


  長い目.......ってひかねぇ、わたし、いつかひかねぇの企画に出られるのかな、こんなファン数増えないし、声の需要ないし、配信してもさ、認知度あがらないよ。

  どうしたらいいの、かな。もう。

  私ね
【自分の作品を自分の好きな配信者や声優に読んでもらいたい】と思って生きてきたの。小学六年生から。

  12歳だった。

  あの日、月夜の晩に
 私は格子にロープかけて首吊りしようとしたのも12歳だった。イジメに遭っていたのも12歳だった。


 あれから【1度死んだと思って生きてきた】

  それでも【死ぬ気でやっても結果出ないよ】
 なにか間違えているのかもしれない。

 大手さんは大手さんで企画しちゃうしね。ファン数ないと、アクティブとれないとそりゃ呼ばれないよね。

  声劇なんてファン数なくてもさ
 【CASTの再生回数】だけは、さ。ファン数関係なかった。

  だからね私ね
 【CAST】に【希望】を求めたんだよ

  皐月ちゃんもひかねぇも.......私の手を取ってくれた。大袈裟、そんなんじゃないっていわれて一喝だよね、これ。

  昨日の【秋のコラボ祭りじゃなくて秋のあたご祭り】の【吉子】だよ

 優勝作品のきちこなんだよ
  私は、【推しからのメッセージ勘違いしている馬鹿女】かもしれない。

  皐月ちゃんの【プロデュース能力】は、凄かった。

 仲良し集めたっていうけどね、出演者選びがいい。あと、【声劇相手選びもいい】

 この子は【TOP】に立てるんだろう。

  その【Queen】に  
【ことねぇWorldを読みたい】と言われたらさ、死んじゃうよ。死ぬほど嬉しかったよね。

  いつか、誰かに
【見つけてもらえる】だから私はこれからも【書き続ける】

 丸暗記してください
Spoon配信者 皐月、を。


#秋のコラボ祭り
#神推し7
#女性配信者
#女プロデューサー
#業界
#芸能界




続きのストーリーはこちら!

約束。私の任務完了。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。