成長した女はその男を選ばない。【クズ男見極め教本】を読んで。

前話: 小さな幸せ。アリエッティのような小人ことねぇの物語。
次話: 私を布教して 音声アプリ終了のお知らせ。明日は我が身。(Spoonは終了しないで)

  2度見した。


 【クズ男見極め教本】という本が、立ち寄った本屋の目立つところに陳列されていた。


 【教本】なるものがでるくらい

【クズ男】にひっかかる女がいないと、こういう本は、売れない。


  【需要と供給】

  ニーズ、需要性。   
  これがないと【Storys記事】もいいね、をされない。

   【Storys】は、【完全に私の感情の断片文章】なので

  どれがのちのち【いいねバズる】かわからない。

  気づいたら【凄い驚異的な数字】のいいね、されていることがある。


 【いま、いいね👍されてなくても】

  なにかを【トリガー】にして
 バズるので、放置。

この 【クズ男見極め教本】
   読むと
わかるけど
   【出だし】かな、と。


 スタートの地点で【惚れた】もん負け、なんだろうな、クズ男に。

   冷静な視点で読めば有り得ないのだが、【惚れて】いたら【視野が狭い】から周囲からの注意や忠告も聞こえないだろうし
  【ボロボロの雑巾】のように、なるよね。


  相手が【クズ男】ならね。


 【真っ当な男性でシャイなだけ】とかならまだ

  違うのかとも思う、けど。

  どういう男が【クズ男】か知りたい人は読むといい。

 #クズ男
#クズ男見極め教本
#成長した女はその男を選ばない
#Storysことねぇ
#本を読もう
#本屋大賞

続きのストーリーはこちら!

私を布教して 音声アプリ終了のお知らせ。明日は我が身。(Spoonは終了しないで)

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。