憎まれ役はわしが一切引き受けるから、頑張れ 松永安左ヱ門 東邦電力創業者の言葉から学ぶ

前話: 好きな親友(女の子)の好きな男はさりげなく避けてきた話
次話: 傍にいてただ、黙って傍にいてくれるありがたさの話。

 【電力の、鬼】


 電気料金を大幅に値上げして庶民から大反発。

 【実情がわからない民衆】
【政治家が反対するのは民衆に媚びている】と一喝。


 【設備投資のための資金】のために
【電気料金を値上げ】不安定な電力を急ピッチで【改善】した。


  なにかを成し遂げる時
【敵】のようにみえても
  【悪役】にみえても

【その人たちが救世主】だった、ということがある。


 という例えでもある。


 視点もそう。

  【犯人だ】と思い込んでみるとそう見えるが
  【敵じゃなくて助けようとしている】人かもしれないということ。

   誰に何をいわれても【己を貫く】
という【配信者】を一定数

  知っています。

  その人たちの【真意】を知った時

私はいつも感動して
   【文章で書かずに居られない】

  伝えたい、とおもったらもう
【書いてる】

  配信者は【伝えたい】とおもったら
【声を出してる】

  【表現方法は違う】けど

【根っこは、同じだ】


#仲間
#配信者
#台本師
#書き手
#絵師
#配信アプリ
#一致団結
#憎まれ役

続きのストーリーはこちら!

傍にいてただ、黙って傍にいてくれるありがたさの話。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。