イジメっ子のご機嫌取りをやめる。

前話: 黒歴史は墓場まで持って、いくべきだけど、口が軽い人は自滅していく話。
次話: 優しく闇に呑まれず。諸行無常

    どんなに


 イジメっ子のご機嫌取りしても
私が好かれることは、無かった。

   選ばれることも、無かった。

  気づくまで時間かかったけど

【建て直し】ます。


 毒親に踏んづけられてきた私は
【親に良く似た人から好かれよう】としてしまう。

 そして【愛情が得られず絶望】する

毒親からも貰えず
毒親に似た者からも貰えない。

代替えしようとしても

求める【相手を間違えてる】


 毒母をもった男性は彼女に【母親を求める】だろう

毒父をもった女性は彼氏に
【父親や兄のようなものを求める】のだろう

 
【共依存】となり【共倒れ】になる


 短期間で恋人なら【別れ】になる


 友達なら?
推しなら?

 私がしっかりして
まず、【個】でいて

  そこからだ

落ち着いたらまた【書いたり】
【推したり】する
いまも、書いてる

書いて、自分を建て直してる。

 書いて、読んで、私を
【創る】

【文章】で。


#文章の魔術師
#文豪ストレイドッグス
#小説家
#出版社関係の人の目に留まりますように

続きのストーリーはこちら!

優しく闇に呑まれず。諸行無常

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。