【自分の周りに集まる人】友達は自分の鏡。電子書籍で何度もナンバーワンになる作家山崎理恵先生をメンターに。

前話: 私とリスナー・読者・推しの絆は両想い。片想いのリスナー・読者・推しかどうか知るには【思いやり】があるかどうか。
次話: YouTube アカウント 登録者募集中。【館花琴音】で検索[🔍]

  友達は、自分の【鏡】です。

【類は友を呼ぶ】

  その人がどんな人かわからないとき
【周囲に集まる人】をよく【観察】するといいです。


 【全く同じ】ではないけど
【共通点】が必ずあります。


 【多種多様】【価値観】いろんなタイプの人が集まる【推し】さんが、私の推し・神推しにもいます。


 

【その人が多種多様・相手の価値観を認め違いを認めた上で交流している】からです。

   この法則でいくと
【トラブルメーカー】には【トラブルメーカー】が集まります。



 
 相手は、変わらない。
【自分が変わる】のだ。

そんな変な人【トラブルメーカー】たちを【寄せ付けない人】になると【決める】だけでいい。





 【ロックオン】という。
 【フレネミーやサイコパス】に
【ロックオン】されたら【地獄】が待っています。


 

 【総スルー】されて泣く子がいるけど 
常識ある人なら挨拶や礼儀、大人対応するので、【総スルー】するひとは
 【幼稚またはトラブルメーカー】だということで、むしろおめでとう!



そういう人から【総スルー】されるほうが幸せです、と
 【Kindle 電子書籍 ナンバーワン作家山崎理恵】先生の言葉です。

  最近、山崎理恵先生の言葉が次々に立証されるので
   過去に塾を経営されていたり、たくさんの人を見てきた人の言葉は、深いと思います。



#山崎理恵
#Kindle電子書籍
#ナンバーワン
#作家さんと繋がりたい





 

続きのストーリーはこちら!

YouTube アカウント 登録者募集中。【館花琴音】で検索[🔍]

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。