『君の記憶に爪痕を遺す』『君は僕を一生忘れられないよ』

前話: YouTube アカウント 登録者募集中。【館花琴音】で検索[🔍]
次話: シンデレラの真夜中の12時。

私は21歳まで、小さな芸能事務所にいる間、事務所の言われたことを真面目に守って


  【彼氏】もつくらず、【夢を与える声優】や【舞台の台本】をつくることに、目を輝かせている女だった。

  【有名】じゃなくてもいい。自分の【作品】で誰かが、明日に希望をもってくれればそれで良かった。ディズニーランドのキャストさんのような、【温かいメッセージを送る人間】になろうとしていた。



 あるとき、熱心に小劇団の舞台に通ってくれる30歳の男性ファンがいた。

  とても優しくて、細くて、背もそこそこあって、企業でも役職ついていて。

   小劇団なんていくつもある。

 会場も劇団員でお金を出し合って、借りるし、チケットのノルマもある。

  何枚も引き受けてくれて、私の芝居をみてくれて、ほめてくれて、毎日パソコンのヤフーメールをくれる。

  たわいも無いことを。
【風邪ひかないでね】
【今度はどんな舞台なの】

全部返信できないのに、【メルマガ】のように毎日、毎日届いて、俄然やる気になった。


 小学館の頃に休み時間に男子からスカートめくりや、ボールをぶつけられて
【泣いて】いた私。
男子は私が泣くのが面白くてなかなか辞めなかったけど
 最後は私が泣くのをやめて
【ずっとボールぶつけていた男子の机を蹴っ飛ばして倒した】ら
  震え上がって辞めてくれた。
【やり返さないと】辞めないのか、ともおもったけど。


 一生、恋愛なんて興味が無い。

【一生懸命頑張る女の子を泣かす意地悪な男子】なんて嫌い。

 馬鹿にして笑われる。

 【作家になって、最後は尼さん】にでもなろうか。

  【文章】に全てを捧げて【死んでいく】のもいい。





 【君は舞台しか見えてないんだね・・・君の記憶に爪痕を遺したいよ




 ある日、彼は、そんなことをいって、観劇に来なくなった。





 『館花、いつも来てたさ、お客さん、いるよね。あのお客さんの上司、私のファンなんだけど、自殺未遂したみたい、なんだけど・・・ね、大丈夫?仕事うまくいってなかったみたいでお金なかったのに結構、来てたよね?』





なんで?
え?
  どうして、自殺、するの?

 私は死んで欲しいんじゃない。元気とか希望とか。





 『付き合いたかった、んでしょ、彼は館花とさ。あれは、恋してた、よね』





 私は【1人しか】いない。いつか【彼氏】ができるかもしれない。結婚・・・も。

 彼氏、つくるなって、事務所がいってた、よ。ねえ。わたし、真面目にちゃんと守っていたよ。
   私、小学校のときのトラウマで男子が怖い。

  知らなかった・・・わかんないよ
恋愛なんて、わかんない。いや、なんか私、心が幼い、のかもしれない。


ファンの事情なんて。わからないものだ。

 いつか、私も誰かを好きになるだろう。そしてその人から振られる、んだろう。

  そして知るのだ、自分がしたことを。どんな気持ちになるのかを。

 1番、好きな人、と結ばれない、ことを、思い知ったときの【絶望感】を。

『館花?・・・あー、ねぇ、大丈夫だよ。館花のせいじゃないって。誰が見てもあれは、ねぇ。館花と付き合えないからなんか罪悪感持たせにきた・・・館花?え、どこ行くの』




 吐きそう・・・


 人の生死が、感情に流れ込んでくる。

 私が傷ついたわけじゃない。だけど毎日交流してきて、当たり前のようにそこにあったものが、えぐられるように無くなった。

  どんな気持ち、だったのか。

 【希望】じゃなくて【絶望】させてしまった。

 自分のしていることが、相手にどう影響するかまで考えてなかった。

 それに責任はとれない。とれないけど、せめて気づいて、付き合えないから早めに他の人へ恋愛するように勧めるとか、私は誰とも付き合わないと教えるべきだった、のか。いや、もう、こうなると芸能人そんなことできないよね。

  こうなる、人がいても、きっと、どうにも出来ない。


 【声劇】は【ごっこ遊び】の延長だ。


 私が【共演者】と付き合うことは、ない。

 私は【俳優】だけは、【恋人や夫】にしないと決めている。

 好きな人が【フィクションでも女優とイチャイチャするのは耐えられない】からだ。

 【結婚】したら
 【恋愛の芝居】は、しない。相手がいいと言わない限り。気にしない人もいるだろうから。

  【芝居】は、する。だけど【内容】は、選ぶ。

 【好きなことをしている間は独身でいい】

 いつか【結婚】する
その【相手が嫌がる】ことは、私はしない。出来ないならもう一生、独身でもいい。


忘れられ、ない、か。


 確かに、ね。

 どんな恋愛しても、忘れようとしても
瘡蓋になっても
  キレイに傷跡が、爪痕が、そこに、ある。




 だから、待ってて。
 【文章で必ず返り咲く】
今度は私が【君の記憶に爪痕を遺す】よ





#爪痕を遺す
#忘れられない記憶
#相思相愛

 

  

続きのストーリーはこちら!

シンデレラの真夜中の12時。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。