シンデレラの真夜中の12時。

前話: 『君の記憶に爪痕を遺す』『君は僕を一生忘れられないよ』
次話: HAKUNAの声劇企画 【二律背反】1月8日土曜日21:00 ばっきーさんのアカウント 【ハッピーエンドとバットエンドの2種類の台本】

   魔法は解けて






 もとのポジションに戻るとしても
夢をみていた時間は【消えない】


 それをギュッと抱きしめる。   




 【夢】をみてきたら
それが【夢】でも【リアル】でも




 楽しんだ者勝ち。
 いつか消える。インターネットなんてボタン一つで消滅できるから

   いつかきれいさっぱり消えてしまう


跡形もなく。


 リアルと違い、痕跡を遺さない
インターネットだから何か情報が残るかもしれないから【個人情報】には気をつけないと

 自分の住まいの近くを写真で
【位置情報】が出せるのは
【誰か】と会っても困らない人

 【一般人】と【芸能人】の大きな違いは
【護ってくれる芸能事務所】がないというところ

   【フリーランス】は自由だけど


 【護る事務所がないから怖い思いをしても自業自得】




 リアルを【インターネットで失う】人もいる


  一瞬で

 堕ちる。

  登るのは大変なのに

堕ちるときは【一瞬】



#シンデレラ
#プリンセス
#芸能事務所
#芸能人

続きのストーリーはこちら!

HAKUNAの声劇企画 【二律背反】1月8日土曜日21:00 ばっきーさんのアカウント 【ハッピーエンドとバットエンドの2種類の台本】

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。