もしも願いが叶うなら、おじいちゃんにもう一度逢いたい

前話: コツコツ、と。ひとつひとつ丁寧に。人生80年としてあと40年でやれることを全てやる。
次話: 無理がきかない

  もしも願いが叶うなら


おじいちゃんにもう一度、逢いたいです。   

でもそれは、絶対叶わない。

ヒトは死んだら生き返らない。


私が好きになるとみんな
死んだり、居なくなったりするから 
 大好きになるのが怖くなる。


推して、居なくなったり、怒らせてしまう

私が

どうしようもない
ポンコツだから

メンヘラだから

仕方ない
 それでも笑って

いるのは
 誰かに好きになって貰えないかなって

誰かに必要と、されたらいいなって

私の文章で誰かの記憶に残れたら
いいなって

ただ、それ、だけだ。

私、強要、していたのかな
断れない子もいるよね

 課金アイテム投げろなんて言わないよ
 でも投げるひとがいる  

飛んでもない数を投げる人もいる

でも私が投げろなんて言ってないよ

【ハートの数字みてドン引きした】と
枠のやり方が良くないと
言われても

 困る
私ね、リスナーに投げろなんて言ってないよ?!CAST残ってるし全部聞いてみたらいい

貢げなんて言ってないよ!でも
投げるひとはいるよ
それだけ、私を応援してくれる
【熱狂的なファン】が私にもいる
 って思ってもいいでしょ

マウントとってどうしたいの?

毎回、毎回、私には理解できないひとがいる

私は自分が傷つく場所にはいかないだけ 
それだけ
それ以上でも以下でもなく。


私は推しの配信に行くだけ

推しが絡んでいる人の所へ行くだけ

私が嫌いなら絡まなきゃいいと思う

絡んできて毎回私に勝たないと気が済まない人って
  毎回私に敗北感味わっているといっているのと変わらないのにね


#マウント女子は苦手
#リスナーとしてのマナー
#私の真意は伝わらない
#死んだらひとは生き返らない

#ネットを削除したい感情はリアルでいう消えたい

続きのストーリーはこちら!

無理がきかない

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。