オーディションで弾き語りを披露したが、落選した17の夏に決意したこと

1 / 5 ページ

後編: その決意が思ったよりラジオに取り上げられ、困惑

ギターを始める、ちょっと前の話


高校2年の夏、退学届けを出した。
だが、それは1行でまとめられるほど簡単な話ではないのだ。

同じく高校を中退した母にとっては、それは過酷な選択だったらしく、
私が学校へ行きたくないと言っても、簡単にはいかなかった。

口下手な私は行動でしか意志を表現できなくて、
「高校へはもう行かない」ということを示すため、家出を繰り返した。

そもそも、なぜ高校をやめようと思ったのか?
簡単です。

仲の良かった友達が単位を取得できず中退し、
私はある一人の先生に誤解され、きつい精神攻撃をくらう。
他の仲の良かった友達は別のクラスになり、相談相手はいなかった。
高2になったので進路相談で担任の先生に、
「どの大学に行きますか?将来の夢は?」
と聞かれたとき、確信したのです。

”中途半端な成績しか目指せない、こんな高校にいたって仕方がない。
私の居場所はここではない”と。

母は、制服がお気に入りだったらしく(地域でも有名なかわいい制服だった)
自分も高校を中退しているため、とても悲しそうだった。
学校のロッカーに大量に置き勉していた教科書を取りにいった帰り道、
母は校門をちょっと歩いたところでしゃがみこみ、大泣きしたらしいです。
それを聞いた私は、とても申し訳なかったな、と痛感したのですが、
信念は揺るぎませんでした。



ギターを始めたくなった、きっかけ


そのあと何ヶ月かして、家族でDVDを見ました。(たしか11月くらい)


YUIが主演の、『タイヨウのうた』です。
日に当たれない少女が、ある少年に出会い、恋をしていくのですが
その少女は、夜になるとギター1本でストリートをしている子なのです。
とても切なく、エンディングは胸に刺さりました。

みんなの読んで良かった!