【私のスキル】で黙らせる。歯科衛生士

前話: 紹介手数料を渋る院長先生は、必ずあとで給与のことで揉める方程式。
次話: アルファポリス小説に登録した話

  『歯科助手なんですかぁ〜?』

『なんで17時に帰るんですかぁ〜?』





始まった。若くて学生気分の抜けない
小学生6年生から止まってるのかという
眉毛ナチュラル、メイク覚えない、髪の毛一つ縛り。童顔の歯科助手さん。
  眉毛整えたり、メイク覚えたり、ヘアアレンジも覚えたっていいのにね。


 【私は朝から20時近くまで働くのにパートタイマーさんは狡い】
私も独身時代同じことおもって意地悪なこと言ってたことも、あるよ


【人に意地悪している暇あるなら私に仕事教えて?】
やるから、私が。
 見ながら見ようみ真似で覚え

 もう、私の仕事をみてもらって
【スキルで黙らせる】しかない。

いつもそう
【あとから好きになる】のよね
君もあとから私を好きになる

  あとから。

 私の【スキル】【人柄】
気づいてくれるまで
黙々と仕事をする。
 相手に伝わるまで 
やり続けるしかない



【惚れさせる】





#仕事
#歯科衛生士
#学生気分
#スキル
#キャリア

続きのストーリーはこちら!

アルファポリス小説に登録した話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。