院長先生の地雷を踏んだらサヨウナラ ー3話ー

前話: 院長先生の地雷を踏んだらサヨウナラー2話ー
次話: 院長先生の地雷を踏んだらサヨウナラ ー4話ー

  「昨日、患者さんからクレーム。君一人のせいにはしないけど、一人失ったことを反省してる?」






第一投がこれかぁ。M先生、私のせいにしたのね。でも院長もモゴモゴ歯切れが悪いのは、他のスタッフからも事情を聞いたようだった。

  「反省文書いて!」






ヾ(*ㅿ*๑)ツは!はんせいぶん?




「反省文、付箋でいいや、付箋でいいから反省文、カルテに貼っておくこと!」





..........


 それ反省文っていうか
【次回の人への注意喚起事項】よね

あ、でも反省文には、違いないのか、付箋か、レポート用紙でも書かされるのかとおもった。


「あとね!業者通しているから厳しいの!僕は!業者通さず来ていたらこんなに言わないの!わかる?」
『はい。その通りです。申し訳ございません』

「よし。そう。でももう仕方ないから、いい?これみて、1週間君は来たわけ。もう紹介料50パーセント返ってこない。辞めたら紹介料もう返ってこないの。」


『はい』





「だから!いい?君ね、館花さん、辞めちゃダメ。もうずっとここに居なさい。辞めちゃダメ。僕は初期投資したんだから辞めちゃダメだからね?!」





?!!?!?!?!?!?!





【辞めちゃダメ】?!?
碇シンジくんニューバージョン。えーっとクレームの注意、反省文からのコレ。

【展開よ】





「あとね!交通事故起こさないでね!」
『車、乗ってないです!』
「比喩よ!比喩!たとえ!ここで交通事故のようなこと起こすなってこと、車のことなんか言ってないわよ!!」
そういってぷんぷんしているのだけど
【交通事故】だけいわれたら

ねぇ?!





そして帰り際、私がなにも文句言わずに5時にきた【クリーニングの患者】を黙々と診ていたら




「ちょ...........あ、ビックリしなくていい!焦らなくていい!落ち着きなさい。私が代わるから、上がりなさい。」


?!?!?!?!?!




そして昨日までほぼ口を聞いてなかったスタッフたちが、次々と声をかけてくれるように。

  (・▽・)・・・
いや、多分、これは【序曲】でまだまだ怒られるんだろうけど。

ほ、ほんとに【すぐ辞めないか試されていたんだ】ということがわかって、ちょっと安心、した。......クビ、とか言われるのかと、それか明日から来なくていいよとか。



 【言い方がドギツイだけあと時々理不尽。代わる代わるみんな八つ当たりされる】って昼休みみんな言っていたけど

だいぶそれも困るけど......
   根は優しい先生、なのかも、しれない。

   【ずっとここに居なさい】かぁ。1週間ちゃんと遅刻せず、黙々とロボットのように口を聞いて貰えないときも、仕事してきて良かったな。

  【人柄】は【伝わる】
あとは【クレームという名前の交通事故】を起こさない、ことだね。



辞めたい!ってなるときも多々ありそうだけど、子どもを路頭に迷わせないよう仕事します!


母強し。




#ベールが開いたら
#真実のカーテン
#試験
#院長先生
#言い方ドギツイだけ
#ちなみに某偏差値の高い歯学部
#天才となんとかは紙一重

続きのストーリーはこちら!

院長先生の地雷を踏んだらサヨウナラ ー4話ー

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。