住めない家を購入

次話: 素直になれないなら、なりゃぁいーのに。


奈良県の自然豊かな田舎に

ボロボロで住めないが、家を購入した。


浄化槽を入れるところから

リフォームしていく。



住めるようになったら

弟夫婦と息子夫婦と娘夫婦と

一緒にそこでオフの日に

過ごすことにしようと思う。


家の目の前に大きな川が流れているので

夏は皆で釣りをしたり

泳いで遊べるだろう。


冬キャンプに利用もできる。


都会と田舎での生活を

ずっと考えていたが、

まさか本当に手に入れることが

出来るとは驚きだ。


住めない家なので、

非常に安いし、

弟夫婦がリフォーム出来るので

皆で手伝いながら住める家にしていく。


皆で協力しながら造る家だ。


弟も私もこんな歳になって

やっと心から安らぐ家を

造っていけるのだ。


親から受けた心の傷を

自分達で癒す事が出来るのかと

行動し始めてやっと知ることができた。


親が私たちの心に傷を付けるような事を

してきたからこそ

姉弟で協力できる様になれたのだろう。


全てバランスなのだ。


弟が居てくれて本当に良かったし、

産んでくれた母に感謝しかない。

続きのストーリーはこちら!

素直になれないなら、なりゃぁいーのに。

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。