俺だけ帰りのチケットがない!ヒッチハイクで出会った七人のドライバー【ヒッチハイクはじめました編】

1 / 3 ページ

後編: 俺だけチケットがない!ヒッチハイクで出会った七人のドライバー【高速にのろう編】

俺だけ帰りのチケットがない! 京都~東京ヒッチハイクで僕を助けてくれた七人のドライバー


あれは僕が大学四年生の秋だった。
僕はサークル旅行で東京から京都に来ていた。
とても楽しい旅行だったとその時までは思っていたはずだ。
誰かが言った。「終わりよければ全て良し」その通りだと思う。
端から見ると破綻しまくりなカップルも綺麗な別れ方をすれば、
それは二人に取ってはセンチメンタルな青春デイズとなるだろう。
でも、もし終わりが良くなかったら。
どんなに楽しかった思い出も一瞬で吹っ飛ぶ。
そう、僕はそれを身を持って実感した。

東京までの帰りのバスのチケットがなかった。最悪な状況だ。
そしてこれは終わりではなく始まりだった。

帰りのチケットがない!!

「HAHAHA、君のバスチケットないから」


秋の京都を十二分に満喫し、西の都京都へのお別れの詩を詠もうかと麻呂モードに入ってる僕の麻呂顔を一瞬で、進む電波少年のドロンズや猿岩石に変えたのがバスのチケットがないという事実だった。

「HAHAHA、帰りのチケットどうするって聞いたら、いらないって言ったからさ」
たぶんお酒の席でそんなふざけたことを言ったのだろう。
たしかに思い出してみると帰りのバスのチケット代を払ってなかった。
っていうかバイトの給料日前で金がなかったから、はぐらかしていた。
でも、なんとかなるだろうと思っていた。
誰かが立て替えてくれていると思っていた。
だってそれが大学生の仲間意識じゃないか。
僕は今でいう「おこ」だった。
「いらないわけないじゃん!!いるにきまってんじゃん!!俺帰れないじゃん!」

当たり前のことを言って僕は噛み付いた。自分に非がある。
でも俺帰れないじゃん、いらないわけがねえ。
でも、そんな僕に対して彼は笑いながら対応する。

「HAHAHAHA、いやなんかノリでなんとかすんのかなーって」
「ノリ?」
「HAHAHA、そうノリで」
なんだこいつは一体。笑いながらとんでもないことをいいやがる。
俺がノリで殺してくれと言ったら、たぶん本当に殺すような人間なんだ。

みんなの読んで良かった!